東方恋想劇第2話

弾幕はパワーだぜ‼︎

イブ「お〜い魔理沙」

魔理沙「おっ!イブ!どうしたんだぜ」

イブ「ほら、忘れ物だぞ!」

魔理沙「これは…私の八卦炉!
センキュー」

イブ「どういたしまして。じゃあ
俺はこれで…」

魔理沙「待ってくれ。実は今スペルの
練習してたんだ!イブ、お前の能力は
自由を作るだったよな?」

イブ「そうだけど…どうしたんだ」

魔理沙「ちょっと相手になってくれよ」

イブ「そうしたいが、今日はあいつに
会いに行かなきゃいけねぇんだ」

魔理沙「あいつ?」

イブ「お前も来るか?」

魔理沙「おう」

〜少女移動中〜

イブ「久しぶりだな…トゥルー」

トゥルー「おう。?その魔女みたいなのは誰?」

イブ「こいつは…魔理沙」

魔理沙「よろしくだぜ‼︎えっと〜
トゥルー?だっけ」

トゥルー「っで今日はなんだよ」

イブ「魔理沙の修行に付き合って欲しいんだ」

トゥルー「何で俺が…お前がやれば
いいだろ」

イブ「俺はこれから…紅魔館行くから」

魔理沙「なら…しかたないな愛しのレミリアのためだし」

トゥルー「ちょっと待て…お前レミリアと…」

イブ「付き合ってるがどうかしたか?」

トゥルー「そういうことか…魔理沙、
いいぜ。受けて立つ」

イブ「じゃあな…俺はこれで」

魔理沙「じゃあ行くぜ!これが開発中の技!スペルカードディロ.ミーティア」

トゥルー「ふうあぶね」
魔理沙「お前直撃だったよな?」

トゥルー「俺の能力もあいつと一緒で
2つある!1つは弾幕を吸収放出する程度、もう1つは相手のステータスを見る程度」

魔理沙「はぁっ⁉︎そんなんチートじゃねえかよ」

トゥルー「けど欠点がある…弾幕やスペルを一種までしか吸収できない事だ」

魔理沙「って事は…そうだ!スペル!
マスタァァァスパァァァク」

トゥルー「うわっちょっとタンマ」

魔理沙「あっ!やりすぎた」

トゥルー「虫の息」

魔理沙「永遠亭は休みだし…そうだ!
白桜楼につれてこ」

魔理沙「って事で頼んだぞ!妖夢」

妖夢「分かったみょん」

〜時は過ぎ〜

トゥルー「ガバっ。ここは」

妖夢「気がつきました?ここは白桜楼」

トゥルー「ってことは…!魔理沙は?」

妖夢「起きたら私の家にこいって。
伝言です」

トゥルー「サンキュあっ自己紹介だ!
俺はトゥルー」

妖夢「妖夢だみょん」

トゥルー「じゃあなー妖夢」

〜魔理沙宅〜

トゥルー「魔理沙〜」

魔理沙「おっ来たか!みてくれこれが完成したもう1つのスペル!
スペルサードアビリティ」

トゥルー「なにが変わったんだ?」

魔理沙「試せば分かるって!行くぜ!
スペルカードマスタァァァスパァァァク」

トゥルー「2度も同じ手になっ!
マスパが分身した?」

魔理沙「どうだ?」

トゥルー「だかなっ甘いぜ!
スペルカード発動weaponcopy」

魔理沙「マスパが吸収された?」

トゥルー「生成!迅雷の双剣!
見たか魔理沙!マスパを元にして武器の生成だ」

魔理沙「やめだ!今のままじゃ勝てない」

トゥルー「そうか!いつでも相手になるぜ」

魔理沙「じゃまたな〜」

トゥルー「おう」



東方恋想劇
次回トゥルー白桜楼にお泊まり会!