※キャラ崩壊、カオス展開、人間関係とか細けえことはいいんだよ!という人以外はブラウザバック!

エーリカ「あれ~?おかしいな・・・・」ガサゴソ

バルクホルン「朝っぱらから部屋を散らかして何してるんだ?」

エーリカ「ん?ああトゥルーデ、どしたの?」

バルクホルン「質問に質問で返すな。もう朝食の時間だぞ。寝坊かと思って来てみたら・・・これ以上散らかして何がしたいんだ?」

エーリカ「ああ、ウルスラからあれが届いたんだけどね~・・・まぁ、そのうち出てくるか。」

バルクホルン「・・?まぁいい。早く着替えてこい。皆待ってるぞ。」

エーリカ「うーい。」



エーリカ「おっはよ~!」

坂本「遅い!寝坊とは弛んでるぞ!」

エーリカ「ちょっと探し物してただけだよ~」

宮藤「おはようございます!今日の朝ご飯は目玉焼きに、ベーコン、サラダ、スープです!」

ルッキーニ「ねー!もう食べていい?いいでしょ?」

ミーナ「そうね。揃ったことですし、冷めないうちに頂ましょうか。」

一同「いただきます!」

シャーリー「やっぱ宮藤の作る飯はうまいな~どこぞの芋職人と違って。」ニヤニヤ

バルクホルン「なぜこっちを見て言うんだ?」

ルッキーニ「宮藤のスープいただき!」

宮藤「ああ!ルッキーニちゃん?!まだ飲んでないのに!」

ルッキーニ「だって育ち盛りだも~ん!」

ミーナ「今日も皆元気そうね。」

坂本「少々弛んでるように思えるがな。」

ペリーヌ「そうですわ。皆さん子供じゃないんですから、もっと落ち着いて食事すればよろしいのに。ってルッキーニさん!わたくしのベーコンをとるのはおよしなさい!」

ルッキーニ「うじゅじゅ~!どうせツンツンメ眼鏡がそれ以上食べてもおっきくならないでしょ~」

ペリーヌ「ぬぁんですってえ~!!」


・・・・・・・・・・
宮藤(今日のご飯は好評だったな~スープが美味しかったって坂本さんにも褒めてもらっちゃった♪)カチャカチャ

宮藤(1時間後に訓練だから、急いでお皿洗ってと・・・)

宮藤「リーネちゃん、そっちのお皿は終わった?」

宮藤「リーネちゃん・・・・?」

リーネ「・・・・・・・・・ッハ!だ、大丈夫だよ。芳香ちゃん。」

宮藤(リーネちゃんの方から視線を感じたけど、気のせいかな?)

宮藤「リーネちゃん、何だか顔が赤いけど大丈夫?」

リーネ「ええ?!な、何でもないから!大丈夫だからぁ!!後の片づけは私がやっちゃうから芳香ちゃんは訓練の準備してていいよ!」

宮藤「う、うん。じゃあお願いするね。」

リーネ「・・・・・・・・・・」

宮藤(今日のリーネちゃん変だなぁ。)




宮藤「あれ?訓練場に誰もいない・・?」

宮藤(あ、坂本さんがいた!)

宮藤「坂本さん!皆さんはどうしたのですか?誰もいないようですけど。」

坂本「今日の訓練は中止になった。ミーナが突然休暇の消化もかねて全員休みだって言ってな。」

宮藤「えええ?!!!急な話ですね。」

坂本「そうだな。驚いたのは私もだ。・・・ただ、今はそれどころではなくてな。」

坂本「宮藤、少し話がある。ここでもなんだし、ちょっとそっちに移動するぞ。」

宮藤「は、はい!」

坂本「なぁ、宮藤。いつか言おうと思ってたんだが。この際だから言ってしまおうか。」

宮藤「・・・なんでしょう?」

坂本「・・・・・」グイ

宮藤(へ?急に手を握って何を?)



坂本「実はだな。宮藤、私はお前のことが大好きだ!」



宮藤「・・・・・・・・・」

宮藤「・・・・・ふえ?」カァァァ

坂本「どうした。顔が真っ赤だぞ。」

宮藤「あ、あの、いや、いきなりな、な、な、」

坂本「無理に返事をしなくてもいい。ただ、朝から何だかこのことを伝えたい気持ちが収まらなくてな。」

坂本「おかげで剣が鈍ってしまって自主訓練にも集中できんのだ。」

坂本「ただ、まだ言い足りないから言わせてもらおう。」ガシッ!

宮藤「ひゃあ!」ビクッ!

坂本「お前のことが好きなんだ。初めて会った時から目が離せなかったんだ。思えば、お前を危険に巻き込みたくないのに、一緒に戦いたいとも思ってしまっていてな。最初の頃はずっと悩んでたんだ。」

坂本「私たちと肩を並べて戦えるくらいにお前が成長してくれて、もう悩む必要もなくなったがな。」

坂本「宮藤は私の誇りだ。そう思っているぞ。」

宮藤「坂本さん・・・」

坂本「・・・ッフ、気持ちを吐き出せば、少しは楽になれるだろうと思ったが。」ギュウウ・・

宮藤「坂本さん?!そんなむ、胸が当たって・・・!」

坂本「ふふふ・・・・少しだけ抱きしめてもいいだろう?抱き心地のいい奴め。」

宮藤「はううう・・・///」

・・・・・・ドドドドドドドドド!!!!

ペリーヌ「んさっかもっとさーーーーん!!!!!」

宮藤・坂本「わあああああ!!」

坂本「ちょっ!ペリーヌ!!何を!!!」

ペリーヌ「はぁはぁはぁはぁ・・・・・豆狸なんかよりこのわたくしとデートを申し込ませて頂きますわ!!!」

坂本「お、落ち着け!!あ、宮藤どこへ行く?!」

宮藤(坂本さん!すいません!気持ちの整理を付けさせて下さい!!)





ー宮藤の部屋

宮藤「はぁ・・・・」

宮藤(坂本さんがまさか私のことそんな風に想ってたなんて。でも女の子同士だし。)

宮藤(やっぱ変だよ~。それとも好きって性的な意味を含めない方のやつかな・・・)

宮藤(・・・・・と、とりあえず今はそう思っておこうかな。)

コン、コン

宮藤「はーい。」ガチャ

リーネ「・・・・・・・・・・・・・」

宮藤「リーネちゃん?」

リーネ「芳香ちゃん・・・・」

ガバッ!!ぎゅううう!!

宮藤「!!!」

リーネ「芳香ちゃぁん!!」

宮藤「ひゃああ!!」

宮藤(急に抱きつかれて、ベットに押し倒されちゃった。わわ!か、顔が近いい!!)

リーネ「芳香ちゃん!好き!大好きなの!だから抱きしめさせて!!」

宮藤「落ち着いてリーネちゃん!そんないきなりもみくちゃにされても恥ずかしいってば!!」

宮藤「きゃあ!ちょっ、匂い嗅いじゃダメェ・・・」

リーネ「ごめんね!ごめんね!でも本当に抑えられなくて!」

リーネ「私おかしくなっちゃったのかもしれないけど・・でも我慢できない!」

宮藤「ひゃ!服脱がすのはダメ!そんなとこ触っちゃ・・・!!」

宮藤「ゴメン!リーネちゃん!!」

リーネ「きゃあ!暴れちゃ!」

宮藤(逃げなきゃ!!)

ドタドタドタドタ・・・




宮藤「はぁ、はぁ、はぁ・・・・・」

宮藤(とりあえずミーナさんに突然の休暇のこと訊きにいこう。)

ノック、ノック・・・

ミーナ「はーい。」

宮藤「宮藤です!」ガチャ

ミーナ「あら・・・♪宮藤さんじゃない。お茶を入れるわ。席に座りなさい。」

宮藤「はい!ありがとうございます!」

ミーナ「うふふふ・・・」ドアノカギカチャリ・・・・

ミーナ「それで、どうしたの?」

宮藤「はい、今日の休暇のことなんですが・・・すごい急な話だなって思ったのと・・・」

宮藤「何だか皆朝から様子がおかしくて。」

ミーナ「休暇のことなんだけど、今日、どうしてもやりたいことができちゃって。皆も私と同じようにやりたいことがあるって聞かないし。だから丁度いいから。ね?」

宮藤「えええ・・・・」

ミーナ「ねえ、それよりも芳香さんお菓子とか好き?」

宮藤「あ、はい。好きです。(芳香さん・・・?)」

ミーナ「確かちょうどいくつか部屋にあるから食べていきなさい。」

宮藤「いいんですか?」パァァ!

ミーナ「遠慮しないでいいから♪」

宮藤「あむあむ・・・・・」

ミーナ(芳香さんったら。頬張っちゃってかわいい。)

宮藤「んー・・・・・・♪」

ミーナ「芳香さん。手、片方握ってもいいかしら?」

宮藤「はい。」

ミーナ「芳香さん。少し抱き寄せてもいいかしら?」

宮藤「はい?」

ミーナ「ふふふ・・・」

ぎゅう・・・!

宮藤「ミーナさん?た、食べにくいです。」

ミーナ「なら食べさせてあげる。ほら、アーン。」

宮藤「あむ・・!」

ミーナ「かわいい、かわいい柴犬ちゃん。このまま食べちゃおうかしら♪」

宮藤「ゾクッ・・・」

宮藤「ミーナさん!すみません!」

ミーナ「あら。急に暴れちゃダメよ。」

宮藤「あれ?ドアに鍵が!」

ミーナ「はい、捕まえた♪このまま狼のお姉さんに食べられちゃうのよ・・・」

宮藤「あっ、耳舐めちゃ・・・」

バルクホルン「宮藤ィ!!」

ドアバキィ!!

宮藤・ミーナ「!!!!」

バルクホルン「お姉ちゃんが助けに来たぞ!!さあ宮藤を渡してもらうぞ!」

ミーナ「くっ・・・・!!」

宮藤「バルクホルンさん?!お姉ちゃんって・・・」

バルクホルン「話は後だ!!」ミヤフジダキカカエー

ミーナ「ああ!そんな!今日は芳香さんと一緒に過ごす予定なのに・・!」




バルクホルン「・・・ふぅ。お姉ちゃんの部屋なら安全だろう。」

宮藤(一人称がすでに怪しいですけど。)

宮藤「バルクホルンさん。助けてくれてありがとうございます!」

バルクホルン「これも可愛い妹を預かるお姉ちゃんの務め。礼はいい。」

宮藤「バルクホルンさん、今皆さんの身に何が起きているのですか?ミーナさんまでも何だかおかしいです。」

バルクホルン「お姉ちゃんもまだ状況を把握しきっていないのだが。少なくともお姉ちゃんが・・宮藤のことを・・・その、色々と我慢できなくなってしまったのは朝食を食べた直後だったな。」

バルクホルン「今は咄嗟の判断で、宮藤の部屋にあったズボンを身に着け、パジャマの匂いで宮藤分を補給することにより自我を保っているが。」

バルクホルン「正直いつまでもつか自信がない。一刻も早い事態の収拾を・・・宮藤とりあえず逃げようとしないでくれ。」

宮藤「ごめんなさい!でもすでに色々と抑え切れてないですよ!いつの間に私の部屋に!」

バルクホルン「大丈夫だ。あと宮藤はお姉ちゃんのことを「お姉ちゃん」と呼んでくれないか?」

バルクホルン「それと今日はお姉ちゃんが一日守ってやるからな。まずはベットの上で抱き合おうじゃないか。」

宮藤「バルクホルンさん!完全に言動がアウトですよ!離して下さいぃ!」

バルクホルン「ふふふ・・・お姉ちゃんとのちょっとしたスキンシップだぞ。は、恥ずかしがることなどない。」

宮藤(力が強くて・・やっぱり抵抗できないよぅ。お、女の子同士でこれ以上は・・・!)

バルクホルン「宮藤、お姉ちゃんと呼んでくれないか?」

宮藤「うう・・お姉ちゃん、酷いよう・・・」ウルウル

バルクホルン「ーーーーっ!!(ズッキューーン!!)」

宮藤「お姉ちゃん・・?」

バルクホルン「宮藤ぃ!!」ガバァ!

宮藤「きゃあああ!!」

ガンッ!!!!

バルクホルン「おおう・・・・」ドサッ

宮藤「え・・・?!」

エーリカ「宮藤~大丈夫?」

宮藤「ハルトマンさん?・・・・・・・・・・・・・」

宮藤「ハッ!逃げなきゃ・・・」ワタワタ

エーリカ「私は大丈夫だって。ほら、ベットの上で無防備にはだけて放心してた宮藤に変なことしなかったでしょ?」

宮藤「・・・・・!ご、ごめんなさい!その疑心暗鬼で皆さんが変になっちゃって・・」

エーリカ「分かってるよ~。今の状況もどうすればいいかもね~」

宮藤「分かるんですか?」

エーリカ「まず先に謝っておくけど、今回の事件の原因は私なんだよね~。」

エーリカ「・・・・・・・・ほんとごめん。」

宮藤「どういうことですか?」

エーリカ「そのさ、元々はウルスラの方でウィッチの精神に作用する魔法の研究があってさ。そこで「ウィッチの心を素直にする薬」ってのが試験的に作られたのよ。」

エーリカ「その薬はまだ正式な名前も決まってないんだけど、要するに問答無用で本音をぶちまけたり、普段心の奥底で我慢してたもんを解き放っちゃう・・まぁ、欠陥品でね?」

エーリカ「そこで各地のウィッチに協力を仰いでテストしてたんだけどね。今回は私が・・・その・・トゥルーデが最近なんか悩んでるようだから、ちょっと薬を分けてもらったのよ。ウルスラ経由でね。」

エーリカ「トゥルーデは悩み事があっても一人で抱え込もうとするし、手っ取り早く聞き出したかったんだ。」

エーリカ「でも今朝、気づいたら薬がなくなってて。どういう経由かハッキリしないけど今朝の朝食に混ざったっぽいんだよね~。」

宮藤「え・・!?それじゃあその・・・」

エーリカ「まさか宮藤がこんなにモテモテだったなんてねー。正直驚いたよ。」ニヤニヤ

宮藤「皆さんにそれだけ仲間として認められていただなんて、ちょっとお薬のせいで暴走気味ですけど、あはは・・・うれしいです。」

エーリカ(・・・この薬が特に色恋に関する本音をさらけ出す傾向があるもんだとは黙っておいた方がよさそうかな?)

エーリカ「でさ、この薬は長くても1日もすれば収まるはずだからそれまで耐えるしかないね。」

宮藤「ハルトマンさんはどうして大丈夫なのですか?」

エーリカ「朝に薬がなくなった時点で正直朝食が怪しかったからね。ほとんど食べなかったんだ。」

宮藤「・・・ッホ。それなら大丈夫ですね・・・ほとんど?」

エーリカ「お腹空いちゃって・・・・」

ガバッ!!

宮藤「ハルトマンさん?!」

エーリカ「それに、皆が宮藤に本音をさらけ出してるのに、私だけそのままってのもあれだしね~。」ニヤニヤ

エーリカ「ちょっとしか食べなかったけど、こうやって無防備な宮藤が手の届くところにいるとね。」

エーリカ「私が宮藤のことどんくらい好きかってこと、沢山伝えちゃうよ~?」クスクス

宮藤「耳に息吹きかけちゃ・・!ひゃうっ!」

エーリカ「えへへ・・・宮藤のほっぺにチューしちゃった♪」

宮藤(どどどど、どうしよう///)

エーリカ「おとなしくしてればさぁ・・・もっと凄いことしてあげるよ~?」

宮藤「これ以上はダメだからぁ!!」

エーリカ「おっと!」

宮藤「ごめんなさい!」タタタタ・・・

エーリカ「えへへ・・・逃げられちゃった。」


宮藤「ぜえ・・ぜえ・・・格納庫の方に逃げてきたけど。」

宮藤「パッと見誰もいなさそうだし、ここに隠れて皆が元に戻るまで待とうかな・・」

「よしか~~!!」ギュッ!

宮藤(いつの間に後ろに?!)

ルッキーニ「うじゅじゅ~♪今日はよしかに甘えたいな~」

宮藤「ルッキーニちゃん、そんなにくっつかなくても・・」

ルッキーニ「ニヒヒ!いいじゃん、よしかにくっついてると落ち着くんだもん。」

宮藤「と、とりあえずここじゃ目立つから移動しようよ。」

宮藤(ルッキージちゃんなら、あまり力もないし甘えられるだけなら大丈夫かな?)

宮藤(それよりも他の人に見つかんないようにしないと・・・)

ルッキーニ「んー、くふぅ・・・」

宮藤(首筋を舐められてる・・!)

宮藤「そ、そういうのはダメだよ。女の子同士だし、そうじゃなくても急にこんな・・・」

ルッキーニ「よしかぁ・・・無理やり離れようとしないで・・・」ウルウル

宮藤(うう・・・そんな顔されるとなんか罪悪感が。)

ルッキーニ「んふぅ・・・はぁ・・・れろれろ・・」

宮藤「ルッキーニちゃん?!くすぐったいよぉ。」

ルッキーニ「ちゅ・・・・ぬる・・・じゅるる・・・」

宮藤「ひゃ!・・ん・・・はなれ・・・」

ルッキーニ「よーしか♪」ギュウウ・・・

宮藤(尻尾が絡んできて・・・・え?そこは・・!)

ルッキーニ「んふふ・・・よしかのズボンの中、まさぐっちゃおうかな~?」

宮藤「きゃあ!尻尾入れないで!こんなの誰かに見られたら・・・」

ルッキーニ「よしかが見つかんないように奥の方に連れ込んだんでしょ?」

ルッキーニ「そのままじっとしてて。尻尾結構器用にうごかせるんだからぁ・・・」

宮藤(もがこうとすると、尻尾が変なとこに擦れて・・)

宮藤「ふぁ・・・あ、あ、ああ・・・」

ルッキーニ「優しく擦ってあげるからね・・・抵抗したら間違って入っちゃうかもよ・・?」

宮藤(ああ!動きが・・ねちっこく・・・!!んん!あうう・・・こうなったら!)

宮藤「ルッキーニちゃん!あまりいたずらすると後でミーナさんに怒られるよ?」

ルッキーニ「ビクッ・・!!」

宮藤(尻尾の動きが止まった!今だ!)

宮藤「ごめん!」

ルッキーニ「ああっ!待ってよ~!」





宮藤「格納庫は危ないな・・・どこに逃げようかな?」

宮藤(いっそのこと基地の外に逃げちゃう?外出許可の紙を書いておけばいいかな?)

シャーリー「お!宮藤!!そこで何してんだ~?」

宮藤「はう!しゃ、シャーリーさん?」

シャーリー「調子でも悪いのか?挙動不審だぞ?」

宮藤「え?!ああ、大丈夫です。シャーリーさんは大丈夫ですか?」

シャーリー「変なこときくな。調子悪そうに見えるかい?」

宮藤「すいません。かくかくしかじかで皆一時的に変になっちゃったみたいなんです。」

シャーリー「ミーナといい、バルクホルンといい様子がおかしいと思ったらそんなことが。」

シャーリー「私は・・そうだな。あんまり無理やりとかは好きじゃないしなぁ。」

シャーリー「なあ、多分この感情も薬のせいなんだろうけどさ、宮藤。」

シャーリー「ちょっと私の胸、触ってみるかい?」

宮藤「ブフゥ!!へ?シャーリーさん?!急に何言って?!」

シャーリー「その代わりに私も宮藤を可愛がるってことでさ。宮藤これ、好きなんだろ?」タプンタプン

宮藤(いけない・・!誘いにのったら何されるか分かんないし。)

宮藤(で、でも、あんなに揺らして・・うう・・・見ちゃうよぉ・・)

シャーリー「悩む宮藤も可愛いなぁ。ほら、このまま抱っこしてやるからじっとしてろよ?」

宮藤「は、はい・・」

シャーリー「それじゃあ自室に連れてくぞ。」ギュムッ・・・

宮藤(すごい!柔らかくてあったかい・・・!)



シャーリー「なぁ、ジュースかなんか出すか?」

宮藤(ベットに座らされて解放されたけど・・)

宮藤(シャーリーさん足速いし力も強いから逃げられないな。大人しくしてるしか・・)

宮藤「あ、ありがとうございます。その、何をするんですか?」

シャーリー「どうした顔真っ赤にして?別にとって食ったりしないよ。」

シャーリー「変なことはしないからな。ちょっと抱きしめて撫でるだけだ。」

シャーリー「隣に座るぞ。ほら、触ってもいいんだぞ?」ニヤニヤ

宮藤「ええ?!私はそんなんじゃぁ・・」

シャーリー「さっきは誘惑に屈したくせに。」ニヤニヤ

宮藤「からかわないで下さい・・・」

シャーリー「わりいわりい。恥ずかしいなら、私からくっつくぞ~!」ギュウ・・!

宮藤「わぷ!!」

宮藤(密着して・・こんなにくっ付いたら・・)

宮藤(恥ずかしいのに・・何だか変な気持ちになってきちゃう。)

シャーリー「なんだよもじもじして。うりうり、沢山なでちゃうぞ~」ニマニマ

宮藤(・・・・・撫でられるのって意外と落ち着く・・・・)

宮藤(ルッキーニちゃんもいつもこんな感じに甘えてるけど、いい・・・これ。)

宮藤(ふぁぁ・・・眠くなって・・)





宮藤「・・・ッハ!あれ?シャーリーさんは?」

宮藤(解放されたのかな?とりあえず部屋からでよう。)

宮藤(ヘタに動かず自分の部屋で大人しくしてよう・・)

ガチャ・・・

宮藤(誰もいないよね?)

バタン・・・

宮藤「ふぅ。鍵を掛けてもう寝てよう。」

「やっと帰ってきたカ。」

宮藤「っーー!!いつの間に?!」

エイラ「最初からいたゾ。まぁ、隠れてたんだけどナ。」

エイラ「サーニャが宮藤に会いたいって言ってナ~。というわけで来てくれヨ。」

宮藤「サーニャちゃんが?・・・・変なことしないなら、いいかな?」

エイラ「何期待してんだヨ。」

宮藤(そういえば最近サーニャちゃんとあまり話してなかったし。お話ししたいなぁ。)

宮藤「分かりました。付いていきます!」

エイラ「まァ、その前にダナ。ワタシもちょっとくらい宮藤と仲良くしたいんダナ。」

宮藤「はい?」

エイラ「・・・・」ニヤニヤ

宮藤「変な手つきで近寄らないで下さい!」

エイラ「抵抗しようたっテ、私には宮藤がどう動くか分かってんだからナ!」

ガバァ!

宮藤(組みつかれた?!早い!)

エイラ「宮藤じゃ体術でワタシに敵うわけないダロ?」

宮藤「エイラさん、どうして・・サーニャさんもいるのに・・」

エイラ「何言ってんダヨ?サーニャは私の超、超可愛い妹みたいなもンで。」

エイラ「宮藤は・・・もっと違う特別なもんっていうか・・ゴニョゴニョ・・」

宮藤「へ?なんて言って・・」

エイラ「もういいダロー!とにかく、これを機会にもっと親密になるんダー!」

宮藤「よく分かんないですけど、一旦離れて下さい~!さっきから耳に息が当たって・・・・」

エイラ「離したら逃げるダロ~?うりゃ!ベットに移すぞ!」

宮藤「あ、ちょ!」ドサッ

エイラ「ほーらしっかり組み敷いたからナ~。」

エイラ「はぁ、はぁ、このまま・・・・既成事実をつくっちゃえば宮藤はワタシのに・・・!」

宮藤「ん、ん・・!!耳は弱いからほんとにやめて下さい!」

エイラ「耳もほっぺも・・まずはしっかりツバを付けてやるからナァ・・・・」

宮藤「ふあぁぁ・・・」

エイラ「宮藤って結構どMなんダロ?こうやって強引にされるの好きなんダロ?興奮して耳と尻尾が生えてるゾ?」

宮藤「そんなこと言わないで下さ・・あうっ!あっあっ・・・」

エイラ「ちょっとしたマッサージだかんナ。・・・そうダナ。こういうのはどうダ?」

宮藤「ひゃっ!くすぐった・・!!あは、あはははは!!」

エイラ「コチョコチョコチョコチョ・・・・」

宮藤「あははは!!ははは!!ん!んんー!!」

エイラ「コチョコチョ・・・・ペロッ・・レロレロ・・・」

宮藤「んく!くくくく・・・!!んあ!ふあぁぁ・・」ゾクゾク

エイラ「ワキの下が弱いのか?首筋か?脇腹か?それとも足の裏か?」

宮藤「ひゃはははは!!・・・・あああ!ん・・・!」

宮藤(脇の下そんなにしたら・・くすぐったいのに気持ちよくて変な感じだよぉ・・!)

エイラ「そ、それじゃあ!そろそろ脱がして本格的に・・!」

宮藤「はぁ・・・・はぁ・・・・・・」トロン・・・

「エイラ。」

エイラ「ビクッ!!」

エイラ「さ、サーニャ?」

サーニャ「・・・・・・」ジトー

サーニャ「エイラが帰って来ないから来てみたら、芳香ちゃんいじめちゃってどういうこと?」

エイラ「サーニャァ!!誤解だってバ!ていうかいつから見てたんだヨ?!」

サーニャ「・・・・「既成事実を作っちゃえば宮藤はワタシのに・・・」」

エイラ「」

サーニャ「とりあえず、芳香ちゃんを解放して。それでちゃんと謝って。」

エイラ「」




エイラ「ほんっっっっっとうに!!!申し訳ありませんでしたーーー!!」

エイラ「つい、出来心で!!気持ちが抑えられなかったんダー!」

宮藤「あははは・・・もう顔を上げていいよ。ちょっとびっくりしちゃったけど怪我もなかったし。」

エイラ「宮藤・・・!」

サーニャ「エイラ。エイラはもう十分甘えたでしょ?私にも甘えさせて。」

宮藤「や、やっぱりサーニャちゃんも・・?」

サーニャ「怖がらないで。私は・・・芳香ちゃんと一緒にいたいの。」

サーニャ「手を、繋いでも・・いい?」

宮藤「う、うん。」

宮藤(サーニャちゃんの手、冷たい。でも柔らかくてすべすべしてる・・・)

サーニャ「芳香ちゃん。暫くお話しできなかったから・・・話したいこと一杯できちゃった。」

サーニャ「付き合ってほしい・・の。」

宮藤「うん。私もサーニちゃんとお話ししたかったんだ。」

サーニャ「ほんと?」パァァ

エイラ「サーニャ~、私も混ぜてくれヨ~」

サーニャ「今回は、ダメ。二人にさせて。お願い。」

エイラ「わ、わかったよ。頭冷やしてくる・・・」

ガチャ・・パタン・・

サーニャ「ありがとう・・・」




宮藤「ふ~結構しゃべったね。喉が渇いちゃった。」

サーニャ「・・・・うん。」

サーニャ「・・・ねえ、芳香ちゃん。伝えたいことがあるの。聞いてくれる?」

宮藤「え、どうしたの?改まって。」

サーニャ「・・・私、芳香ちゃんのことが、好きなの。」

宮藤「・・!!」

サーニャ「確かに芳香ちゃんの言う通り、今の感情が薬によるものだとしても。」

サーニャ「芳香ちゃんのこと、ずっと前から好きだった。」

サーニャ「だから・・・・その・・・」

宮藤「・・・・・・////」

サーニャ「この騒ぎが終わったら、もしかしたらこの気持ちをまた芳香ちゃんに伝えるなんてできないかも知れない。」

サーニャ「だから・・・・今だけは、芳香ちゃん。聞き流さないでほしい。」

宮藤「サーニャちゃん・・・・///」

サーニャ「芳香ちゃん・・・・こんなこと、今だから言えるけど、これからもよろしく・・ね?」

宮藤「・・・・・うん!」

サーニャ「・・・・・好き。」

宮藤「ん・・・!」

宮藤(サーニャちゃ・・キスして・・・!?)





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

宮藤(あれから数日。騒ぎも収まり、いつも通りの生活に戻った。)

宮藤(あの後、ハルトマンさんと一緒に今回の事件について考えたんだけど。)

宮藤(ウルスラさんからもらったハルトマンさんの薬を、ルッキーニちゃんがいたずらで部屋に忍び込んだ時に、調味料と間違えて台所に戻していたみたい。)

宮藤(それを私が調味料と間違えてスープに使っちゃって・・・・)

宮藤(ハルトマンさんによると、薬を飲んだ人は効果が切れた後にその時の記憶が残ることはあんまりないそうで、皆その間に起きたことも、事件のこと自体忘れちゃったみたい。)

宮藤(この事件について記憶があるのは私と・・・ハルトマンさんだけかなぁ?)

宮藤(でも、前よりも皆と仲良くなれた気がします!!)


おしまい

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・