杏「戦車道はただの武道にあらず。」

杏「他校の戦車長との交流を以て、様々な意見ややり方を学びそれを活かす。」

杏「という名目で隊長交流会ってやつをやろうと思うんだ。」

杏「・・・・そういうことだから、西住ちゃん一つよろしく~。」

みほ「理屈は分かったのですが。何で私たちは喫茶店にいるんですか?」

杏「まぁまぁ、交流会は堅苦しい内容じゃないよ。要するに隊長同士仲良くやってついでに色々情報交換できたらいいな、ってもんだしね。」

杏「でも西住ちゃんちょっと抜けてるとこもあるし、練習も兼ねてデートをしようってこと。」

みほ「で、デートですか?」

杏「そうそう。交流会も似たようなもんだしね~。まだ公表はしてないけど今のうちにちょっとくらい慣れておこうよ。」

みほ「分かり・・・ました。」

杏「と、いうわけでそうだな・・・何か話してみてよ。」

みほ「ええ?!何かって言われましても。」

杏「別に戦車の話以外でもさ、プライベートなもんでもいいのよ?例えば趣味とか、好きな食べ物とか、好みのタイプとか~」

みほ(ならボコのことでも話そうかな・・・)

杏「あ、ボコについての話題はニッチすぎるから付いていける子少ないと思うしNGね~」

みほ「へえ?!ええ、と・・じゃあ、今日はいい天気ですね・・・」

杏「んふふ・・・そうだね~。でも喫茶店の中で話す話題じゃないね。」

杏「例えばさ、西住ちゃんってどんな子がタイプなの?」

みほ「・・・へ?タイプって?」

杏「ほら、武部ちゃんとかさ、それとも秋山ちゃん?意外に冷泉ちゃんぁなぁ?」

みほ「ちょ、ちょ、ちょっと?!待ってくださいよぉ!全員女の子じゃないですか?!」

杏「え~、細かいことは気にしない。気にしない。」ニヤニヤ

みほ「ううう・・・・わ、分かんないですよ。そういう杏さんはどうなんですか?」

杏「え?そうだね~、西住ちゃんかなぁ。」

みほ「え?///」

杏「んっふっふ・・・照れてる照れてる。どうしたのよ顔真っ赤にしちゃってさぁ。」

みほ「だって・・・急に変なこと言うんだもん・・!」

杏「変じゃないよ~?だって西住ちゃん可愛いし、頼りになるし、かっこいいし、それでいて普段はどこか抜けてて放っておけないしさぁ。」

杏「こんな可愛子ちゃん、誰だって好きになっちゃうよね~?」

みほ「からかわないで下さいよ~」

杏「ごめん、ごめん。可愛い反応するからつい。」

みほ「じゃあ、今日はどうするんですか?」

杏「そうだね~。こうやって喫茶店でおしゃべりデートもいいけど、ちょっとくらい刺激も欲しいよね~」

みほ「ならカラオケとかはどうですか?」

杏「お、カラオケデートかい?私は西住ちゃんが誘ってくれるならどこでも付いてくよ?」

みほ「じゃあ、お会計を済まして、と。この近くのカラオケは・・」

杏「こっちで調べとくからお会計よろしく~。ほら、お代。」

みほ「ありがとうございます。じゃあよろしくお願いします。」


杏(カラオケデートなら・・お腹も空くし終わった後どこか無難なレストランは・・・いや、この際みほの家で何か作って食べるのもいいかなぁ?)

みほ「杏さん、見つかりましたか?」

杏「ああ、大丈夫だよ。近くにカラ○ケ館あるからそこに行こうか。」

みほ「はい!」



~カラ○ケ館内にて~
みほ「エンター、エンター、ミッショーン!」

杏「西住ちゃん、歌もうまいんだね~」パチパチ

みほ「えへへ・・・昔はお姉ちゃんとよく遊びに行ってたから。」

杏「私はあんまり最近の曲に詳しくないけど・・・やっぱり「残酷な天使のテーゼ」とかかな。」

杏「でも、宇宙戦艦ヤマトも悪くないね~」

みほ「し、渋いですね・・・」

杏「んじゃあ、ちょっと爽やかに「夢想歌」でいいや。」ポチー

みほ「あ、それこの前冷泉さんが歌ってました。いい歌ですよね!」

杏「へ~、冷泉ちゃんとは趣味が合いそうだねぇ。」

ガチャ、シツレイシマスバニラアイスニナリマス・・・

みほ「あれ?頼んでませんよ?」

杏「ま、いい歌聞かせて貰ったお礼だよ。私が歌ってるうちに食べちゃえ。」

みほ「あ、ありがとうございます!!」ニッコリ

杏(うーん、この笑顔。たまらんね。)

杏「子供のこ~ろの夢~は~・・・」



みほ「杏さんもお上手ですね。」パチパチ

杏「そっかな~?西住ちゃんは次何歌うの?」

みほ「じゃあ、一緒に歌えるもの歌いましょう!」

杏「お、粋な計らいだね。何ししようか・・・」



杏「ふぃ~、一杯歌ったね。」

みほ「そうですね。私もお腹が空いてきちゃった。」

杏「あ、そういやさ、今日西住ちゃんのお家で何か作ってあげようか?私も料理くらいできるよ。」

みほ「いいんですか?」

杏「じゃあ、食材買いにスーパーにでも向かうとするか。」




~某スーパー~
杏「今日はそうだね・・・カレーにでもするかい?」

みほ「いいですね。ならじゃが芋と人参に、玉ねぎを・・・」

杏「中辛でいい?」

みほ「大丈夫です。・・・あ、あの二人は。」

沙織「あ!みぽりん!!杏さんも。どうしたの~?」

冷泉「何だ。デートか?」

みほ「いや?!そういうわけじゃ・・・」

杏「デートに決まってんじゃん~。今日は西住ちゃんは私のモンだから、手ださないでよ~?」

沙織「マジ?!」

冷泉「ほう?変な冗談はよせ。沙織が勘違いするだろ。」

杏「うりゃ!」ミホノウデニダキツキー

みほ「ひゃあ?!///」

杏「何ならほっぺにちゅーしちゃおっか?」

冷泉「う・・!やるな。」

沙織「キャー!///みほを取らないでぇ!!」

冷泉「沙織、行こう。邪魔したら悪い。後日みほに聞けばいい。」

沙織「うう~!わ、分かってるって~!」

冷泉「しかしアレだな。杏会長も抜け目のない。優花里が見たら卒倒するぞ。」

沙織「うう~。何か先越された~!会長にとられるなんてぇ!」

冷泉「まだ慌てる時間じゃない。みほの様子から察するに本当に付き合ってるかも怪しいしな。」

沙織「明日問い詰めてやるんだから!」


みほ「行っちゃった・・・」

杏「まー、まー、明日ちゃんと口裏合わせおくからさ。」

みほ「お願いしますよ。」

杏「むふふ・・・・」

みほ「そろそろ離れて下さい・・」

杏「うーい。いや~、くっ付いてると思うけど、みほって本当に抱き心地いいしいい匂いがするねぇ~」

みほ「もう・・・!」



~みほの家~
杏「じゃ、台所借りるよ~」

みほ「私も手伝います!」

杏「お、じゃあ、野菜洗ってもらおうかな~?」

みほ「はい!」



みほ「ごちそうさまでした!」

杏「ふい~、食った、食った。」

みほ「美味しかったですね。」

杏「取りあえずは食後の干し芋を・・・」

みほ「まだ食べるんですか?」

杏「スイーツは別腹だからね~ほら、西住ちゃんも一つ。あ~ん。」

みほ「あむ・・!」

杏「ねぇ、手握ってもいい?いいよね。」ギュッ

みほ「あ、はい。」

みほ(杏さんの手あったかくてすべすべしてる・・)

杏「もっとくっ付いていい?いいよね?」

みほ「へ?い、いいですよ。」

杏「ふ~、いや~人肌の温もりっていいよね~」

みほ「うう・・・・恥ずかしいよぉ。」

杏「ねぇ、キスしてもいい?いいよね?」グイッ

みほ「ひゃ?!ちょ!!待って下さい!」

杏「おや、流石に抵抗するか。」

みほ「当たり前です!お、女の子同士ですよ!」

杏「じゃあ、男の子とならいいの・・?」

みほ「それは・・!」

杏「私は好きな人とだったら女の子同士でも別にいいと思うんだけどね~」

みほ「スキって・・」

杏「学校を救ってもらった生徒会長が、ヒーローを好きになっちゃうってよくある展開じゃん。」

みほ「杏さん・・?」

杏「ねえねえ、どうせならこのまま付き合っちゃおうよ~」ニヤニヤ

みほ「か、顔が近いよ・・・」

杏「女の子同士でも、慣れるって。」

みほ「・・・・・・////」カァァ・・・

杏「・・・・・・・・・」

杏「・・・っふ、どうしたのよ西住ちゃん。じょ、冗談・・・だって。」

杏「別に難しく考えなくていいからさ。」

みほ「そうですか?びっくりしちゃいました・・えへへ・・・」

杏(ん~、流石にいきなりは無理だよねぇ。でも諦めないよ~、西住ちゃん。)

みほ「あの・・そろそろ離れてほしいんだけど。」

杏「あ、そうだねぇ。そろそろお暇させてもらおうかな。」

みほ「はい!ではまた明日!」ニッコリ

杏(この笑顔を独り占めしちゃいたいんだけどなぁ。)

杏「うい。んじゃ、まったね~」



杏「てなことが一昨日あってね桃ちゃん。」

桃「はぁ・・・」

杏「ど~こかで他校の生徒のスパイに見られてたのか、西住ちゃんとの交流会の申し込みがわんさか来てて大変なのよ。」

柚子「聖グロにサンダース、プラウダに黒森峰・・・・アンツィオにチハに継続まで!結構あちこちのスパイさんが紛れ込んでますね・・」

杏「まぁ、スパイ探しは今度にして。ほんとは単に西住ちゃんとデートする口実作りのつもりだったんだけどねぇ~。今更断れないし。」

桃「取りあえずは抽選で順番を決める方向でいいでしょうか?」

杏「任せるよ~。私の方から西住ちゃんに報告しとくからさ。」

桃「了解しました。」



~それから数日、学園艦某所~

アンチョビ「今日は泊りがけの予定で大洗の学園艦まで来たが・・・」

アンチョビ「まさか一番手が私達だなんてな・・・・絶対に失敗できないぞ・・・!」

アンチョビ「おいベバロニ~。ほんとにこの服でいいんだな?」

ベバロニ「その話題5回目ッスよ!姉さんの勝負服と言ったらそれしかないでしょう!」

カルパッチョ「そもそもその黒マントの総帥服しかまともなの持ってないじゃないですか。」

アンチョビ「おまっ!でもこんなマントひらひらさせてデー・・・・交流会に挑むのもナァ。」

アンチョビ「お前だったらこんな派手な格好の奴と町中歩きたいか?」

ベバロニ「ムリッス。」

アンチョビ「じゃあ何故勧めたぁ?!」

ベバロニ「ノリと勢いッス。」

アンチョビ「っぐ・・・・!まあ今から着替えようにも替えがないんじゃ仕方ない。流石に服装だけで断られることもないだろう。」

アンチョビ「・・・・・・・ないよな?」

カルパッチョ「・・・・・・・・・・・・・・」ニッコリ

ベバロニ「・・・・・・・・・・」メヲソラシー

アンチョビ「あうう・・・・せめて否定してくれよ~・・・」

ベバロニ「ほら!そろそろ時間ッスよ!姉さんなら大丈夫ッス!想いを伝えてくるッスよ!!」

アンチョビ「ええと・・・カンペ、カンペ・・・」

カルパッチョ「本番で紙見ながら告白とか絶対やめて下さいよ?」

アンチョビ「こ、告白とか?!そういうのじゃないからな!」

ベバロニ「今更ッスか~・・・」


みほ(12時に商店街広場の前・・・ここで合ってるよね?)

みほ(杏さんから話は聞いてきたけど・・・まさか最初の相手がアンチョビさんだなんて。)

みほ(気さくでフレンドリーな人だから、大丈夫だよね?)

みほ(ううう・・・緊張する~)

アンチョビ(お!いたいた!まだこっちには気づいていないようだけどどうする?)

アンチョビ(普通に声を掛けるか?いやいや!まずはカンペだ!)

アンチョビ(ええと・・確かズボンのポケットに・・・あれ?ない?)

アンチョビ(おいおい・・!これじゃどうやって声を掛ければ?!)

アンチョビ(落ち着け~、私。私はドゥーチェ。アンツゥオのドゥーチェだぞ~。相手は大洗の隊長さん。そうだ!ここは礼儀正しく!凛々しい態度で・・・・)

みほ「アンチョビさん?」

アンチョビ「はいいい?!」

みほ「ひゃあ?!」

アンチョビ「わっ!えっと!その!これは別にこっそりパスタ目当てに忍び込んできたのではなくて!!ちゃんと招待をうけてだな?!」ワタワタ

みほ「お、落ち着いて下さい!分かってますから!」

アンチョビ「・・っは?!あ、ああ・・失礼した。その色々と動転しててな・・・」

みほ「っぷ・・・クスクス。アンチョビさんって面白い人なんですね。私も緊張が解けちゃいました。」

アンチョビ(おお・・・!何だか知らんがうまくいったのか?)

アンチョビ「兎に角、まずは自己紹介から始めようか。私はアンチョビ。アンゥオ高校の戦車道の隊長をやっている。」

みほ「はい。私は西住みほです。ええ、と。大洗の戦車道の隊長です。」

アンチョビ「・・・・・・・・」

みほ「・・・・・・・・・・」

アンチョビ(この沈黙はマズい!早く何か話さないと!)

アンチョビ「そういえば・・」

みほ「あ、この後どうし・・」

アンチョビ「・・・・・・・・」

みほ「・・・・・・・・・」

アンチョビ(しまったぁーー!!なんてタイミングが悪い!ヤバイぞこの流れは!)

みほ「あ、私は大丈夫です。アンチョビさん何を言おうとしていたのですか?」

みほ(アンチョビさんさっきから挙動不審だけど体調が悪いのかな・・?)

アンチョビ「お、おお。なんだ。そうだ!まだお昼は食べていなかったか?」

みほ「あ、はい。まだです。」

アンチョビ(よっしゃ!)

アンチョビ「ならパスタ作ってあげるからさ、家の厨房貸してくれないか?」ガバッ!

みほ「ひゃ?!」

アンチョビ「そうだ!スープとデザートも付けよう!どうだ?私はそれなりに料理も得意なんだぞ!」ギュウウ・・!

みほ「い、いいんですか?ありがとうございます!」

アンチョビ「ならまずは食材を買ってこう!よし、いくぞ!」

みほ「その前に歩きずらいから手を放して頂けるとうれしいんだけど・・・」

アンチョビ「え?!あれ?!すまん!!今のは反射的に・・・!!」

みほ「ちょっとビックリしちゃった。あはは・・・」ニッコリ

アンチョビ(うう・・!破壊力のある笑顔だ・・!それに手の感触・・・すっごく柔らかくてあったかい・・・)

みほ「・・?どうしましたか?」

アンチョビ「いや!なんでもない!」


~スーパー内にて~

アンチョビ(ヤバい・・・・調子に乗って色々食材カゴに入れたはいいが、財布がない。)

アンチョビ(カンペと一緒に忘れてきたのか?マズい!このタイミングで奢ってなんて口が裂けても言えない。)

アンチョビ(いやいや!!考えろ!何か手があるはずだ!・・・ッハ!そういえば昨日カルパッチョに借りた分の金の余りがまだ胸ポケットに・・・・)

アンチョビ(・・・・・・・354円。くそう!調べる前から足りないことくらい分かってたさ!)

みほ(さっきからアンチョビさんの様子がおかしい・・やっぱり体調でも悪いのかな?)

みほ「すいません。」

アンチョビ「ふひゃあ?!」

みほ「あの・・無理しないでもいいですよ?その、何なら別の日にでも・・・」

アンチョビ「???!!!!!」

アンチョビ(マズいーーー?!もしかして財布ないのバレた?!いや、やっぱりこの格好に無理があったか?!これ以上状況が悪くなる前に何とかしないと・・・!)

アンチョビ(ん・・・?今視界の隅を何かが横切ったような・・?)

アンチョビ「おっと?!」

怪しいおばあちゃん「あら、ごめんなさいねぇ~。お財布落としちゃったみたい。目が悪いのよ。どこに落ちたかしら~・・・・」チラッチラッ

アンチョビ「あ、これですよ。はい。」テワタシー

怪しいおばあちゃん「あら?ありがとう。これ、お礼ね。」

アンチョビ「ちょ・・?!一万円?!こんなの貰えな・・・」

怪しいおばあちゃん「むうん!!」チョビノカタワシズカミー

怪しいおばあちゃん(アンチョビさん!財布忘れてますよ!ほら!)

アンチョビ(お前は・・!カルパッチョ?!すまん!恩にきる・・!!)

みほ「どうしましたか?さっきから二人してコソコソして・・・?」

アンチョビ&怪しいおばあちゃん「ビクッ?!」

アンチョビ「ななな・・ナンデモナイヨー」

怪しいおばあちゃん「それじゃあ主人がまってますのでー」スタコラ

みほ「あの、お体がすぐれないようでしたら無理して頂かなくても・・」

アンチョビ「大丈夫だ!今の私は快調、絶好調だぞ!何でも作ってやる~!」

みほ(アンチョビさんって面白い人だなぁ・・・)




~みほの家~
アンチョビ「よし!完成だ!どうだうまそうだろ?!」

みほ「すごいですね!沙織さんよりも上手かも・・」

アンチョビ「むふふ・・・早速頂くぞ!」

みほ「はい!」

みほ「はむ・・・・ん~!おいしい♪」

アンチョビ(うーん、この笑顔・・・ちょっと奮発しちゃったけどそのかいもあったなぁ。)

みほ「あれ?アンチョビさんは食べないんですか?」

アンチョビ「へ?あ、ああ。頂くよ。もぐ・・・うん。よくできたな。」



アンチョビ「~~♪~~~~♪」カチャカチャ

みほ「片づけまでやって頂いてありがとうございます。」

アンチョビ「いいってもんよ。そうだ。学園艦のおすすめスポットとか案内してくれないか?」

みほ「おすすめスポット・・・?そうですね。なら待ち合わせした商店街とかはどうですか?」

みほ「もとからあまりそういう場所の少ないトコだけど。あそこは一番活気にあふれてていい場所ですよ?」

アンチョビ「そうだな。なら早速行ってみよう!」




~商店街~
みほ「いつも私はお友達と一緒に学校帰りによってるんです。」

みほ「スイーツ専門店や、戦車道マニア店、お友達の秋山さんの散髪屋に、本屋さん!色々ありますよ!」

アンチョビ「確かに活気があるなぁ。こういう雰囲気結構好きだぞ。何かワクワクするよな。」

みほ「はい!まずはどこに行きましょうか?」

アンチョビ「そうだな・・・戦車道マニア店ってのが気になるな。」

みほ「ならこっちです!パンツァー、フォー!です。えへへ・・・・」

アンチョビ(か、可愛い・・・う、顔がニヤける・・・)

アンチョビ「パ、パンツァーフォーだな。あはは・・・」


~戦車道マニア専門店~
みほ「そういえば前に来たときは皆と一緒だったけ。」

みほ「あの時はお姉ちゃんのことがそこのテレビで報道されてて、ちょっと落ち込んじゃったな。」

テレビ「今年の奇跡の優勝校、大洗高校の西住みほさんにインタビューです。」

アンチョビ「お、でも今回はみほのことが報道されてるぞ。」

みほ「えへへ・・そういえばこの前インタビュー受けたっけ。」

アンチョビ「どんなんだ?」

みほ「確か・・・」

テレビ「みほさんにとっての戦車道とは一体なんでしょうか?」

テレビみほ「はい。みんなで笑って力を合わせて戦うものです。最後に皆でいい試合だったね、って笑いあえる。それが私の戦車道です!」

みほ「・・・・・私、アンチョビさん達と戦って思ったんです。全国大会なのにとっても楽しそうで、のびのびと戦ってて。正直、まだ色々と不慣れだった私たちは戦うので精一杯でしたけど。うらやましかったです。」

アンチョビ「みほ・・・お前・・・」

アンチョビ「そ、そうだな!よーし、これからもどんどん私達を参考にしていっていいからなー。別に遠慮することはないぞ。要はノリと勢いとパスタだ!!」

みほ「ノリと勢いと・・・パスタですか?」

アンチョビ「そうだ!パスタは人類皆が愛する万能食だからな!みほ達もパスタ食べてもっと強くなれ!」

みほ「あはは・・参考にします。」

「西住殿~!」

みほ「この声は・・」

優花里「西住殿!こんなことろで会えるだなんて奇遇でありますね!そこのお方は・・・」

アンチョビ「アンチョビだ。アンツゥオ高校の隊長の。」

優花里「秋山優花里でありますぅ~。それにしてもお二人は今何をしておいでで?」

アンチョビ「こ、交流会だ。隊長同士のな。」

優花里「具体的に何をしてるんですか?」

みほ「お家でお昼ご飯作ってもらったり、商店街を案内して回ったりかな。」

優花里「・・・・・・・・・それって・・・」

アンチョビ「な、なんだ?」

優花里「要するにデートってことですよね?!西住殿~!いつの間にアンチョビさんと仲良く!」

みほ「ええ?!誤解だってば!そんなんじゃないからぁ!」

アンチョビ(うう?!がっつり否定されるとそれはそれで寂しい。いやここで引いたらヘタレになってしまう!)

アンチョビ「秋山といったな?これは交流会という名のその・・・で、デートだ!」

みほ「ええ?!」

アンチョビ「わ、私は今みほとデートしてるんだからあまり邪魔はしないで頂こうか。」

優花里「ガーーーン!!ああ、西住殿~!!」ドタドタ

みほ「あ、アンチョビさん・・・?」

アンチョビ(うう!勢いで言ってしまったがどうする?!ええと、その・・!)

アンチョビ「こ、これはその・・じょうだ・・・・・」

アンチョビ(いや、ここで引いたらもう想いは伝えられない!!!)

アンチョビ「みほ、ちょ、ちょっと話があるんだが。二人きりになれないか?」

みほ「え・・・?はい。ならこの時間は商店街広場の奥の方はだいぶ人もいませんし、そこなら・・」

アンチョビ「そうか。ならさっさと行こう。」グイッ

みほ「あ、はい。」トテテテ・・




アンチョビ(確かに人気はないし・・・これなら落ち着いて話せそうだな。)

アンチョビ(まずは深呼吸・・・・吸って・・・吐いて・・・・)

みほ(どうしたんだろう?さっきのあれ・・これってデートだったのかな?だけど・・うう・・・恥ずかしくなってきた。)

アンチョビ「みほ。その、なんだ。私は、お前のことが・・・!」ガシッ!

みほ「は、はい!」

アンチョビ「す、す、す、す・・・・・・・・・・・」

アンチョビ「お、お友達になってくれないか?」

アンチョビ(ちっがーーーーーう!!!!!ここでヘタレるかーー?!それじゃない!!初めはお友達からっていうけど今はもっと踏み込まないとダメなのにぃーーー!!!)

みほ「お、お友達ですか・・?」

みほ「私の方からもお願いします!」ニッコリ

アンチョビ(はぁぁぁ・・・・こんな笑顔見せられたら今更言い直せないよなぁ・・いやまずはお友達からって、むしろこれからフラグを建てていけばワンチャンあるかも?)

アンチョビ「あ、ああ。その、ならその・・・」

みほ「LINEのアドレス交換しましょう!」

アンチョビ「そうだな!」

みほ「えへへ・・・・」

アンチョビ「どうしたんだ?」

みほ「あ、すいません。でも、他の高校の隊長の方とお友達だなんて何だか新鮮で・・・」

アンチョビ「そ、そうなのか・・・ふふふ・・・私が隊長のお友達一号か。悪くないな。」

アンチョビ「これからもよろしくな!困った時はいつでも頼ってくれよ!」

みほ「お願いします!」


~みほの家~
アンチョビ(今回は泊まりだからな・・まだワンチャンある。落ち着け、私。)

みほ「アンチョビさんは、お布団でいですか?お友達が来た時用に一セット分あるんです。」

アンチョビ「あ・・・そ、そのだな。ここはひとつ、お互いの親睦をより深めるために・・・・」

アンチョビ(落ち着け・・・今回こそヘタレるな!いつものノリと勢いに任せて当たって砕ければいいじゃないか!)

アンチョビ「い、一緒のベットで寝させて下さい!!」ガバッ!

みほ「えええ?!取りあえずあ、頭を上げて下さい!」

アンチョビ「ううう・・・・やっぱりダメか?」

みほ「えーっと・・・いいけど、狭いよ?」

アンチョビ「い、いいのか・・・?」パァァァ

みほ「えへへ・・何だか恥ずかしいけど、大丈夫だよ。」

みほ「じゃあ、先に横になってるから準備ができたら一緒に寝よ。」

アンチョビ(うう・・・本当に可愛いなぁ。どうしよう。まさか通るとは思ってなかった。)

アンチョビ「大丈夫だ。じゃあ、入るぞ。」

みほ「うん。」

アンチョビ(おお。な、何だかみほを押し倒してるみたいなアングル・・・うっごい上目づかいで見てきてるぞ。)

アンチョビ(心なしか顔も紅潮してて、もしかして誘っているのか?)

アンチョビ(いやいや!!みほがまさか私にそんな大胆なことをするはずが・・・・・)

アンチョビ(するはずがないんだよなぁ・・・・)ニヤニヤ

みほ「アンチョビさん・・?どうしたの?」

アンチョビ「え?!あ、いや!何でも・・・・」

アンチョビ(ああ!ヘタレるな!今が最大のチャンスかもしれないんだぞ!ここは思い切って・・・)

アンチョビ「みほ・・・ちょっといいか?」

みほ「何ですか?・・・・え、ちょっと顔が近・・・!」

みほ「あむ・・・!ん・・・・・んん・・・・・・!!」

アンチョビ「・・・・・・・・・ん・・・・」

みほ「ぷはぁ・・!へ?!ええ?!」カァァ・・・

アンチョビ「みほ。こ、これはその・・なんだ。ア、アンツゥオ式の寝る前のあいさつみたいなもんだ。」

アンチョビ「それじゃあお休み!」

みほ「そ、そんなの聞いてないですよぉ!ど、どーしよー!」アタフタ

アンチョビ「・・・・・みほ。その・・・嫌、だったか?」

みほ「それその・・・・嫌とかじゃなくて・・・びっくりしちゃって。えへへ・・」

みほ「でも、女の子同士だしこういうのは急にされると凄い恥ずかしいよぉ・・・」

アンチョビ「・・・すまん。つい、調子に乗ってしまったな。はは・・・取りあえず床で寝るからな!出てくよ!」

みほ「アンチョビさん・・・・」ギュッ

アンチョビ「ふえ?!ちょ?!みほ・・?」

みほ「大丈夫です。私もびっくりしちゃっただけだし。そんな理由で床に寝かすことはしません。」

アンチョビ「じゃあ、布団で・・・」

みほ「・・・・一緒に、寝て下さい。私・・実は、その・・夜は一人でいるのが寂しくて・・・」

みほ「・・・あはは。へ、変だと思うかもしれないですけどね。」

アンチョビ(ーーーーッ!!)

アンチョビ「みほ!!」ガバッ!

みほ「ひゃ?!」

アンチョビ「いいぞ!あ、甘えたかったら好きなだけ甘えればいいだろ!言っただろ?困ったときはいつでも頼ってくれって。」

みほ「・・・・・じゃあ、手を握っていいですか?」

アンチョビ「お、おお。」

アンチョビ(こ、これは夢じゃないだろうな?みほが私の手を握って・・!)

アンチョビ(小っちゃくて、あったかくて、すっごいスベスベしてる・・戦車乗りなのに綺麗な手だ。)

みほ「な、何だか結構照れくさいね・・でも、懐かしいなぁ。」

アンチョビ「なんだ?」

みほ「昔はね、私怖い夢を見ちゃった時とかはよくお姉ちゃんにこうやって手を握ってもらって一緒に寝てたんだ。」

みほ「手からほんのりあったかいのが伝わってきて。落ち着くの。」

アンチョビ「・・・・・・・・・」ギュウ・・・

みほ「うぷっ!」

アンチョビ「なら、抱きしめてやる。こうしてた方が、もっとあったかいのが伝わるぞ。」

みほ「・・・・・・・///」カァァァ・・・

アンチョビ(みほの体・・・小さくて抱きしめ心地がよくて・・・私も落ち着いてきてしまう。)

みほ「・・・・・すぅ・・・・すぅ・・・・」

アンチョビ「ん?おい。」

アンチョビ(もう寝たのか。)

アンチョビ(試合の時はあんなに凛々しくてカッコいいのに。意外に甘えん坊さんなんだな。)

アンチョビ(私も・・・このまま寝るか。・・・いい匂いがする・・・・)



~翌日~
アンチョビ「・・・・・Zzz・・・・・Zzzzz・・・・・」

アンチョビ「ん・・・・ん~!ああ、ふぅ。・・・・朝か。」

みほ「あ、おはようございます!朝ご飯できましたよ!」

アンチョビ「おお!サンキューな!旨そうなだな。」

みほ「はい!目玉焼きにベーコン、海苔とご飯にとサラダとお味噌汁です!」

みほ「えへへ・・・普段はこんなに作んないけど。頑張っちゃった。」ポリポリ・・

アンチョビ「あー!みほ!お前アンツゥオに来いよ!そして私にご飯を作れ!」

みほ「ふふふ・・・流石にそれはちょっと。ほら、食べますよ。」

アンチョビ「いただきます!」



アンチョビ「・・・・で。そろそろ時間だな。」

みほ「そうですね。アンチョビさんと一緒にいれて楽しかったです!」

アンチョビ「私もだぞ!なぁ、また会いに行っていいか?それにLINEでやりとりしたりさ!」

みほ「今度は私の方からアンツゥオ高校に行かせていただきますね!」

アンチョビ「おう!おいしいパスタ作って待ってるぞ!」

ベバロニ「ういーっす。迎えに来ました~!」

カルパッチョ「ふふふ・・・どれだけ進展があったか聞かせて頂きますよ。」

アンチョビ「ちょ、ちょっと一緒にご飯食べてみほと寝ただけだぞ!」

ベバロニ「みほと・・・・」

カルパッチョ「ヤっちゃったんですか?!」

アンチョビ「ちがーーーう!!!変な勘違いをするな!」

みほ「はうう・・・・///」カァァ・・・

アンチョビ「と、とにかく!またな!みほ!!」

みほ「はい!」



沙織「・・・こうしてみほの初の交流会は終わったのね。」

冷泉「昨日からずっと後を付けてきたが・・・予想以上にいちゃいちゃしてたな。」

華「そろそろ秋山さんを起こしてあげませんか?」

優花里「・・・・・・・キュー・・・」

冷泉「一緒に寝たって聞いたら卒倒したな。」

沙織「まぁ・・みぽりんの貞操はまだ守られてるっぽいし。大丈夫だよね?」

冷泉「大丈夫だろ。アンチョビが一線を越える度胸があるとは思えないしな。」

みほ「・・・・皆さん?どうしたのですか?こんなところで。」

沙織「あ!みぽりん!何でもないよ!ほら、撤収!!」

冷泉「おう。」

華「優花里さんを誰か一緒に運んでください!」

沙織「もー!ほら!起きて!」バシーン!

優花里「・・・あうっ?!」

みほ「あはは・・・・・」



・・・・・・・・続く。