この物語はフィクションであり登場人物などは関係ありません。

男「は~疲れた~」

女「しっかりして!」

男「だって~客が来ない!金が来ない!女が来ない!!」

女「はぁ~・・・私がいるじゃん(小声)」

男「え?なんだって~」

女「何でもないです~!」

男「へーへー分かりました。」

男「まあ、聞こえてたけどなw」

女「えっ///」

男「俺、お前のこと好きなんだ!」

女「私も!!」

こうして二人は結ばれましたとさ。めでたしめでたし!
 ・
 ・
 ・
 ・
 ・
 ・
 ・
 ・

2「ボスこれなんすかw」

ボス「ああ、これ、ss書いてみた!」

3「キモイです。」

ボス「キモイってなに?!俺頑張ったんだよ!!考えるの時間かかったんだよ!!」

3「そんなのいいですから、これまとめて下さい。」

ボス「俺への扱い酷くない!!3ちゃんこの頃冷たいよ!」

3「しつこいです。」

ボス「cool!it is so cool!!」

3「・・・・・」

ボス「・・・・・」

3「・・・死ね。」

ボス「( ;∀;)」

ボス「2くん慰めて( ;∀;)」

2「えっ!う~ん。無理っすw」

ボス「早いよ!もう少し考えてよ!!」

1「「ボス~どこ~?」」

ボス「奴が来た!!!」 ガクブル

1「あれ~?ボスは~?」

3「そこです。」

1「あぁ!いた!3ちゃんありがとう!」

3「いえいえ。」

ボス「おい!言うなよ!」

3「・・・・・フッ」

1「ボス~、どこに行ってたんですか?探しましたよ~」

ボス「いや~。ちょっとね。」 (;^ω^)汗

1「早く行きましょう。」

2「ちょっと待った!!ボス仕事して下さい!!」

ボス「あぁ、そうだn」

1「ちょっと待ちなさい!!2くん何で私たちの邪魔をするの!何で私たちの愛を邪魔をするの何で?ねぇ、何で?そっか!嫉妬してるんだ!私がボスを独り占めするから、嫉妬してるんだね。でも、ダメだよ。いくら2くんがボスを想ってたってボスは私のものなの。もし2くんがボスを好きなr」

2「ま、待って下さい!姐さん違うっす!」

1「なんだ、違うんだ。良かった~。もし好きだったら、ね、分かるよね・・・」 ニコ

皆(ゾッ!!)

1「じゃあ、行こっか!ボス。」

ボス「助けて!!」

皆「「・・・・・・gj」」

ボス「おい!!!」

1「行くよ~」

ボス「助けてえええぇぇぇぇぇ」 ズルズル

2「ふう、疲れたっす。」

3「そうね。」

2「3さん昼、暇っすか?」

3「仕事よ。」

2「そうっすか。」 ズーン

3「それじゃ。」

2「はい。」グス

3「・・・はぁ、晩は暇だから一緒にごはん行きましょう。」

2「はい!」 パァ!

3「それじゃあね。」

2「また!!」 

ドア閉まる~

 「「よっしゃあぁぁぁぁぁ!!!」」 「「3さんとごはんだ!!」
 「「頑張るぞおおおおお!!」」

3「・・・バカね。」 クス

4「・・・・・・・・え、私だけ乗り遅れた感じですか?」

4「え~」 ズーン

*この物語はフィクションであり登場する団体や人物は関係ありません*

1話 ある人たちの日常