[水曜日]

屋上。

「だぁ〜疲れた!漏れる!」

屋内へとダッシュする穂乃果。

「早くクレープ食べに行きたい!」

ことりが叫ぶ。

「せやせや〜早いとこ解散しよ。ウチらも行きたいんや。」

「私もお腹空いたわ。ほらほら、海未!」

希と絵里の同意を受け、仕切り役の海未が言った。

「みなさん今日もお疲れ様でした!明日も同じ時間に集合でお願いします!解散してください。」



「真姫ちゃーん、スーパー寄ってから帰ろ?」

「いいわね。今日は妹さんたちにカステラでも買ってあげましょ。」

このふたりは買い出しに。

ことり、希、絵里の三人はクレープを食べに。

海未は穂乃果の宿題を手伝うため、このまま穂乃果の自宅まで同行。

花陽は体調を崩して欠席している。

残された凛は、誰について帰ろうかウロウロしている…ように見えた。

しかし、足はひとりの方向に向かっていた。



「どうしたのですか?凛。」

「えっ、あっ、いや…えっと…」

「?」

ひとりで帰るのはさみしい、そう言うのかと思い、少し頬がほころびかける海未だった。

「今週の土曜日と日曜日、夏祭りあるでしょ?」

「ああ、はい、ありますね。」

「あの、凛、海未ちゃんと行きたいなって…」

「…私と?」

「嫌…かな…」

頬を赤らめながらも、真っ直ぐ見つめてくるその顔を可愛いと思いつつ、海未はこう答えた。



「日曜日なら、空いてますよ。」

「…本当!?」

「誘ってくださってありがとうございます。いいですね、行きましょう。」

みるみるうちに明るくなる凛の顔。

微笑む海未。

「お待たせ!」

現れる穂乃果。

「戻ってきましたか。」

そう言って海未は、穂乃果と共に帰る支度を始める。

「では、詳しくは追って決めましょう。」



離れていく海未。

凛は俯きながら力なく呟いた。

「ありがとう…」



[木曜日]


『ごめん。今日もちょっと出れそうにないかな。』

文面を見て、今日もひとりかぁとさみしく家を出る凛。

早起きの花陽からの連絡で目覚めたため、出発はいつもより早い。

いつもより長い通学路の終わりが見え、溜息をつきながら門を跨ぐ。

今日は一番かな、そんなくだらない期待をしながら部室へと向かう。

しかし、部室の前に立って気づいた。

「あ…鍵…」

今まで一番乗りしたことがないため、いつも来ると鍵は開いていたのだが、今日は幸か不幸か一番乗り。

「入れないや…」

「おや、早いですね。」



顔が赤くなるのを感じ、ハッとして振り向くと、そこには海未が立っていた。

「おはようございます。」

「おはよ!」

「珍しいですね。今日は早起きですか?」

「うん。かよちんの連絡で起きたんだ。」

「まだ花陽は体調が優れないのですね…」

「だから今日お見舞いにいくつもりなんだ。」

「ふふ、いいですね。きっと喜びますよ。」

微笑みながら鍵を開ける海未。

「どうぞ。」



「ありがと!」

一応部室に入った順番は一番乗り。

嬉しくてニコニコしてしまう凛。

「まだ一時間ぐらいありますね。」

チャンス、そう思って凛は椅子に座る。

「海未ちゃん!夏休みの宿題終わった?」

「勿論、済ませましたよ。凛はどうなんですか?」

「凛ももう少し!いつも溜めちゃうから、今年はちゃんとやってるんだ〜」

「そうですか。悪い癖を治すのはいいことです。」

椅子に座る海未。

「お楽しみもあるしね…」

「何か言いました?」



「ううん!なんでもないよ!」

「そういえば…夏祭り、楽しみですね。」

「!」

凛は、驚きと嬉しさの混ざった笑顔になった。

「うん!凛も早く行きたい!」

満面の笑みの凛にいつものように微笑む海未。

「凛は魚が苦手なんでしたっけ。金魚は大丈夫なんですか?」

「む!見るのは大丈夫だよ!」

「なるほど…食べる方も大丈夫になるといいですね。好き嫌いはよくないですよ。」

「うー…がんばります。」


10
その後も会話は続いた。

凛の嫌いなものの話の後は、海未の嫌いなもの。

逆に好きな食べ物のこと。

話も弾んで、ちょうど三十分ほど経った頃。

楽しい雑談を遮ったのは、扉の外から聞こえてくる二人組の声だった。

「昨日のクレープ美味しかったよ!」

「いいなー!穂乃果も行きたかった〜!」

そして開く扉。

「穂乃果、ことり。おはようございます。」

凛よりも海未と仲のいい人。


11
その後、いつものように練習をこなし、解散。

「解散してください!」

各々がその後の予定に動き出す。

「さ、穂乃果、ことり。帰りましょう。」

「海未ちゃーん…今日も穂乃果の宿題見るの?」

「当たり前です。私が協力しないと終わらないでしょう。」

「はい…」

そこに、凛が割って入る。

「あの…」


12
「どうしました?」

「かよちんのお見舞いのお土産に、穂むらのお饅頭買って行こっかなって…」

「それはいいアイデアですね。それなら…今から一緒に行きましょうか。」

その言葉が欲しかったと言わんばかりの笑顔で凛は答える。

「うん!行く!」

道で一緒に歩くのは海未だけではないが、凛にはそんなことはどうでもよかった。


13
帰路につく四人。

海未は気を遣い、ひとりきりの一年生の相手をする。

「最近は特に暑いですね…。凛の体調は大丈夫ですか?」

「凛は絶好調だよ!」

「ふふ、絶好調ですか。それはよかったです。」

「でもちょっとバテちゃうこともあるかなー」

「そうですね…。練習も少し緩めた方がいいでしょうか。」

「うーん、凛はもっと辛い練習を中学校のときにしてたから、大丈夫かなー」

「凛は陸上部でしたもんね。」

「でも、かよちんには少し厳しかったのかも…」

「やはり少し厳しすぎましたか…」


14
「で、でも、ちょっと厳しいところもやっぱり必要だと思うよ!」

「凛は中立的ですね。将来世渡り上手になれそうです。」

「う、うまいことフォローできないだけにゃー…」

「花陽のことも考えて、少しだけ、練習を変えてみましょう。凛のその気持ちも無駄にはしたくないですし。」

「そう…」


15
そんな会話をしているうちに、目の前は穂乃果の家だった。

「じゃあ私は衣装作りがあるから。みんな、また明日!」

ことりは先に三人から離れる。

三人で手を振り、見えなくなってから店に入る。

「ただいまー!」

穂乃果の声を聞いて、母親が出てくる。

「おかえり。あら、海未ちゃん、今日も来たのね。毎日穂乃果の宿題ありがとうね。」

「いえ、私も役に立てているなら幸いです。」

「本当いい子ね。うちの娘にも見習って欲しいわ。あら、そっちは…凛さん?」

「こ、こんにちは。」


16
「いらっしゃい。今日はどうしたの?」

「えっと…お饅頭を買って行こうかなって。」

「あらそう!嬉しいわ。持って行きなさいって言いたいところだけど、ゴメンね、半額で許してね。」

「いえ!十分です!ありがとうございます!」

ご好意に甘え、購入する凛。

去り際、上がり込む海未と穂乃果にも別れの挨拶をする。

「ふたりとも、また明日。」

「じゃあね、凛ちゃん!花陽ちゃんによろしく!」

「花陽によろしく伝えておいてください。また明日。」

笑顔で店を出た凛は、俯きながら花陽の家へと向かった。


17
花陽の家のインターホンを押す。

応える花陽の母親の声は、もはや聞き慣れている。

「どうぞ、上がって上がって。」

「おじゃまします!」

「お茶持ってくるから、花陽の部屋で少し待っててね。」

「いつもありがとうございます。」

「いやいや、こちらこそありがとう。」

長い付き合いの友人の母親とは、やはりこういうもの。


18
「かよちーん、入るよー」

「はーい。」

見慣れた扉の先には、見慣れた部屋。

もう何度も訪れている部屋。

「大丈夫?まだ熱下がらない?」

「もう朝よりは大分楽だよ…」

「無理はしないでね。これ、穂乃果ちゃんのところのお饅頭持ってきたよ。お腹の調子が悪くなければ…」

「ありがとう、凛ちゃん。」

冷えピタをおでこに貼りながらも、顔色はいい。

「みんなに迷惑かけてないかな…」


19
「大丈夫だよ!みんなかよちんが戻ってくるの待ってるよ!」

「そっか…」

「元気出して!ほら、楽しい話しようよ!」

「…そうだね、せっかく来てくれたんだから。」

「そうそう!あのね、昨日にこちゃんがね…」


20
幼馴染同士だと、会話もよく弾む。

不在だった二日間の話だけで、小一時間は潰せる。

「私、二日も休んじゃったから、今週の練習は出れても明日しか出れないなぁ。」

「あっという間にお休みだね。」

「そういえば、今週末、夏祭りあるよね!」

「!」

「凛ちゃん、一緒に行かない?」

「あっ…えっと…その…」

「…?」


21
「り、凛、別の人と行く約束したんだ。ごめん…」

「別の人?」

「うん…」

「誘われたの?」

「違うの。凛が誘ったの。」

ほんのりと赤く染まっていく頬と耳を見て、何かを察する花陽。

「そっか。」

「…」

「訊いていいのかわからないけど…誰?」

「え、えっと…」


22
ボーイッシュな幼馴染の乙女な一面を惜しげも無く見せられ、花陽は嬉しくなる。

「へぇ…そうなんだ。」

「恥ずかしいよ…」

「がんばれがんばれ!応援してるよ!」

「ありがと…」

「もー!かわいいんだから!」

「凛、自信ないよ…」

23
「あんまりネガティブになっちゃだめだよ?」

「うん…」

「今からそんな感じで大丈夫?」

凛は明らかに暗い。

「ごめん。そうだよね。がんばる。」

「うん。がんばってね。」

24
幼馴染の激励。

勿論嬉しい。

しかし「幼馴染」という存在は今、耐え難いものでもある。

「自信…ないよ…」

25
[金曜日]

「休憩にしてください!」

週最後の練習。

今日は花陽も来ている。

「ことりちゃん、ちょっとちょっと…」

「どうしたの?」

花陽は幼馴染のことを話したくて仕方ないらしい。

一方の凛は。


26
「…」

「凛?元気がないですね。」

「あ…。いや、大丈夫だよ。」

「体調が悪かったら直ぐに言ってくださいね。凛はがんばりすぎてしまうところがありますから。」

「うん。ありがとう。」

「花陽が治って、一安心したところですから。可愛い後輩にまた無理をさせたくはないです。」

可愛いと言われれば、照れるのは当然。

「か…かわ…」

凛が表情を変えると、海未が微笑む。

何度となく繰り返されていることだが、凛はその微笑みを直視できない。


27
「…変ですね。何を話しているんでしょうか。」

そう言った海未の視線の先では、ことりと花陽が会話をしながら明らかに動揺している。

意気揚々と話に行ったはずの花陽の顔は、不安混じりの顔になっていた。

凛も少し不穏な空気を見たのか、ふたりの方を見つめていた。


28
視線に気づいたふたりは、焦らず直ぐに会話を終わらせた。

さほどその様子に気も留めず、海未は言った。

「…さ、練習、始めましょう。」

「…」

凛は違和感を不快に思いつつ、残りの練習をこなすしかなかった。


29
「解散してください!また来週です!」

週末を迎えた9人は、休日の楽しみに向かい、帰路につく。

「にこちゃん、帰りましょ。ウチに泊まってくんでしょ?」

「一ヶ月ぶりぐらいかしらね。楽しみだわ。」

「えーりち、帰ろ。」

「ええ。でもあそこ寄っていかない?」

各々、早くも予定があるらしい。

「海未ちゃん!穂乃果、家の手伝いあるからすぐ帰るね!ごめん!」

彼女はまだ休めない。

「かよちん、帰ろ?」


30
「えっと…ごめん凛ちゃん。今日ことりちゃんとご飯食べてから帰るんだ。」

「あ…そうなんだ。わかった。楽しんで。」

「ありがとう。ごめんね。」

そうなると、余ったのはふたり。

「凛?」


31
話しかけられることはわかっていたのに、それでも凛は少し驚く。

「海未ちゃん…」

「よろしければ…一緒に。」

「…うん!」

「でも、その前に…少しお話ししていきませんか?」

「え?」

「凛とふたりなんてそんなにありませんし。もう少しだけ残って、私の話のお相手、してくれませんか。」

予想のしていなかった言葉まで出てきて、凛はより心躍る。


32
「涼しいね〜」

「ええ…」

冷房の効いた部屋で、ふたりきり。

「えへへ…」

「どうしたんですか?」

「ん?」

「いえ、ニコニコと可愛いものですから。」

「かっ…」

「ふふ…」

「もう、からかわないでよっ!」


33
「からかってなどいませんよ。そう思ってるんです。」

「もう!怒るよ!」

「そう言いつつ、口元は緩んでますよ。」

「ゆ、緩んでないもん!」

「そうですか。」

「……ずるいよ…」

「凛。」

「なに?」

「何か悩み事でもあるんですか?」


34
「えっ…」

「最近、なんだか普段の凛と違いますよ?」

「き、気のせいだよ…」

「本当ですか?心配です。」

「大丈夫だから…だから…そんなに見つめないで…」

「それならいいんですが…」

しかし、凛は明らかに茹で上がっている。


35
「う、海未ちゃんは最近どう?夏バテとかしてない?」

「私ですか?」

「そう!海未ちゃんもがんばり屋さんだから!」

「そうですね…少し、疲れてますかね。」

「大丈夫?無理しないでね!」

「ありがとうございます。気を遣ってもらえて、嬉しいです。」

「心配だから…」


36
ふたりだけの時間を相手から作ってもらえた。

それだけで、凛は舞い上がっていた。

いつもの部室が、特別な場所になる。

お互い笑顔で語り合う。

終わって欲しくなかった。


37
「…日も落ちてきましたね。」

気がつけば日暮れ。

「そうだね…」

「そろそろ、帰りましょう。」

「もっとお話ししたかったな。」

「まだ、帰り道でもお話はできますよ。」

「うん!」


38
夕陽に照らされて淡い赤の通学路。

どこか超現実的な空間が、凛の気分を変える。

「いいですね…。夏の夕方は風情があります。」

夏の風情よりも、凛は彼女の微笑みが気になって仕方がない。

ただ見つめているだけだった。

「凛?どうしたのですか?黙って。」

「え、いや…きれいだなって…」

「ええ。綺麗です。」

「綺麗…だよ…」

握りしめる拳は、汗でびっしょりだった。


39
「では、また明後日ですね。」

「うん!楽しみ!」

「私もですよ。」

凛は日曜日が待ち遠しくてたまらなかった。


40
その晩。

暗い部屋で電話をかける凛。

「もしもし…かよちん?」

『り、凛ちゃん…どうしたの?』

「あのさ…明日、服買いに行こうと思うんだ。」

『っ…』

「どうしたの?」

『いや…なんでもないよ。』

「本当に?」

『…うん。』

「そう…」

『服…なら…ことりちゃんにお願いしてみるといいかも…よ。』


41
「ことりちゃん?」

『おしゃれなら私よりもことりちゃんの方が…』

「…わかった。ありがとう。」

『ごめんね。凛ちゃん。』

「ううん。大丈夫だよ。」

アドバイスを受け、かけなおす。


42
「もしもし?」

『もしもし…?どうしたの?凛ちゃん。』

「あの…明日ね、その…とびきり可愛い服を買いに行きたくて…」

『えっと…それで…私?』

「服ならことりちゃんかなって。」

『そうなんだ…』

「明日大丈夫?」

『…その…私のセンスじゃなくて、凛ちゃんが自分で選ぶのもいいんじゃないのかな。』


43
「えっ…」

『私は…そう思う…かな…』

「どうして?」

『ほら…ありのままの方が気に入ってもらえるかもしれないでしょ?』

「そう…かな。」

『…』

「…うん、いいかも。」

『ごめんね…ごめんね凛ちゃん…』

「いや、大丈夫だよ、そんなに謝らなくても。」

『うん。ごめんね。』

凛は、背伸びしてみることにした。


44
[土曜日]

普段は来ないようなお店で、一生懸命服を探す凛。

「えへへ…」

どれも可愛いな。

そんなことを考えながら、次々に服をめくる。

それでも、買おうと決めている服は、ある程度は決まっていた。

ワンピースのコーナーで、立ち止まる。

「…かわいい。」

小さい頃のトラウマで、可愛いものには疎かった凛。

シンプルなものが、輝いて見える。

「…ウケるかな。」


45
薄い緑のワンピース。

フードつき。

凛なりの、隣を歩いて恥ずかしくない服。

選びに選び抜くよりも、直感で選ぶのが自分らしいと、凛は思った。

「よし…」

試着をして、心に決めた。


46
買った服を大事に抱きかかえて、ベンチでひと休みする。

顔を赤らめ、伏せ目になる。

改めて気持ちが高まるのを感じる。

明日という日と、あの人に思いを馳せながら。

「あれ、凛ちゃん?」


47
「ふえっ!?」

名前を呼ばれ、振り向くと、そこには穂乃果がいた。

「奇遇だね〜。何してるの?」

「えっ、えっと…その…」

「お買い物?」

「そ、そうだよ!穂乃果ちゃんこそ何してるの?」

「穂乃果はね、デート!」


48
「デート…?」

「うん!宿題もひととおり終わったからさー!」

「……そう。」

「ところで凛ちゃん、持ってるものなに?」

「うん?あっえっとこれは…」

「見せて見せて!そこで買ったんでしょ〜?」

「り、凛もう行くね!」

「あ!ちょっと!」


49
走って逃げる。

今は、誰にも会いたくなかった。


50
「はあ…はあ…」

陸上部出身の凛でも、長距離は苦手だった。

家の前まで走ってきたため、息は激しく切れている。

「はあ……はあ………」

改めて服を抱きしめた。

さっきよりも強く、強く。


51
[日曜日]

凛が目覚めたのは、昼過ぎのことだった。

寝過ぎたわけではない。

寝付けなかった。

重い体を精一杯起こす。

寝癖がひどい。

会うまでは、あと四時間ほど。

時間はあるようで、ない。

52
「んーっ…」

伸びをする。

ベッドから降りて、遅すぎる目覚めの身支度をする。

洗面所で顔を洗い、寝癖をなおし、食事をとる。

体内時計に自ら反抗してしまったことは、当然、悪い影響を及ぼしている。

「おもい…」

気だるさが拭えない。


53
鈍い足を運んで部屋にたどり着くと、アイロンがけした新調のワンピースを手に取る。

姿見の前で、靡かせてみる。

どんな反応を見せてくれるのだろうか。

とは言っても、きっと何を着て行っても褒めてはくれるだろう。

いい人すぎるのだから。

54
着替えて、改めて自分の姿を見てみる。

これが、今日の戦の甲冑。

気合いを入れてきたこと、気づいてもらえるだろうか。

貴女のために、新調しました。

裾を握り、震える。

目を閉じて、深呼吸をする。

戦は戦でも、今日の戦は。


55
落ちかけの夕日が眩しい時間。

神社の前で待ちぼうけ。

周りは既に賑わっている。

凛はひとり。

当然である。

集合の三十分前に来た。

ソワソワしている凛には、誰がどう見ても待ち人がいる。

視線も泳いでいる。

ガラでもない服に身を包んでいることが、少し恥ずかしい。


56
やはり夏祭り。

浴衣姿の人が多い。

凛にはまだ早いよね、なんて考えながら、ひとりひとりに視線を向ける。

色が入り混じって、それだけでも鮮やか。

そのうちのひとつが、だんだん近づいてくる。

水色だ。

凛は、わかってしまった。

「…どうして…」

水色にはなびらの浴衣が、より本人を際立たせる。

「すみません。お待たせしました。」


57
「大丈夫。そんなに待ってないよ。」

「やはり浴衣に着替えるのは時間がかかりますね…」

「似合ってるよ。」

「そう言ってもらえると嬉しいです。」

似合っている。

世界一。

海未も、凛の格好を見る。

「随分と可愛い服ですね。」


58
「えへへ…」

「凛も、とてもよく似合っていますよ。」

「ありがと…」

「もっと怖がらずに、そのような服を普段から着ればよいのに…」

「そう…かな。」

「私はそう思いますよ。貴女が思っている以上に、貴女は素敵です。」

そんなことを言われても、目の前の海未が素敵すぎてすんなり入ってこない。

「さ、立ち尽くしていても仕方ないですよ。行きましょう。」

海未は歩き出す。

麗しい後ろ姿に、着いて行くしかなかった。


59
歩みを進める度に、周りが暗くなる。

次第に提灯が輝き出す。

「凛、何か、したいことや、見たいものはありますか?」

「えっと…」

誘ったはいいが、特にしたいことがあったかと言われれば、なかなか出てこない。

ただ、一緒にいたかった。

「しかし、歩いているだけでも楽しいものですね。」

軒を連ねる様々な屋台。

夏祭りに来たと、今更ながら実感する凛。

「お腹、空いていませんか?」


60
「り、凛は大丈夫かな。」

「そうですか…すみません、私は少し小腹が空いたもので。何か、頂いてもいいでしょうか?」

「うん、いいよ。」

「ありがとうございます。では…」

海未の空腹を紛らわすものを探しに歩き出す。

一体何を選ぶのだろうか。


61
唐揚げ、たこ焼き、焼きそば、アメリカンドッグ。

かき氷、チョコバナナ、りんご飴、カステラ。

並ぶ、庶民の味。

今の凛は、どれも喉を通りそうにない。

「迷いますね…」

海未は、少し目を輝かせながら、右往左往する。

ついていく凛。

誘ったのは凛なのに、そう思うと少し情けない。

「凛、飲み物ならどうです?」


62
そう言って海未が立ち止まった屋台では、ラムネが売っている。

「あ…うん、飲み物なら、飲めるかな。」

「そうですか。」

ラムネなんて、こういう機会でないと飲まない。

海未が提案してくれたのだから、飲まないなんて選択肢は、凛にはなかった。

「えっと…ラムネひとつ、ください。」

瓶。


63
ラムネといえば、ビー玉。

なかなか飲まないものだから、落とそうにも苦戦する凛。

そんな凛の手に、細く綺麗な指が重なる。

「こう…力の、入れどころですよ。」

少し圧をかけられると、成功。

「ありがと…」

「いえいえ。いいですよね…ラムネ瓶。」

情けない。


64
「何か食べたいもの、決まった?」

「そうですね…せっかくですし。」

そう言って海未が向かったのは。

「りんご飴?」

「ええ。これも、なかなか食べないでしょう?」

選びそうだなぁと思い、なんとなく納得する。

「久しぶりですね…」


65
財布を取り出し、貰う海未。

その横で凛は、別のものに目を奪われていた。

「ありがとうございます…さ、凛…凛?」

凛は、糸を割り箸に巻きつけている機械に釘付けだった。

「…ふふ。」

子供のような顔になっている凛を見て、海未はいつものように微笑む。

「わたがし、ですか。」

ラムネを片手に、わたがし作りを見つめる凛。

「食べますか?」

「…うん。」


66
左手にラムネ、右手にわたがし。

小さな子供に戻ったようである。

隣の海未は、優しい目でりんご飴を持っている。

食べ歩きをしながら、小さな会話をする。

「ふふ、まるで小さな妹のようです。」

「むー、そんなに小さくないもん!」

「そう言ってムキになるところも。」

「いつもそうやっておちょくるんだから!」

「凛、わたがし、ひとくち頂いてもいいですか?」


67
「うん!いいよ!」

凛が差し出すと、海未は少しかがみ、そのまま口に入れる。

味わうように溶かす海未を凛が見ると、海未は笑顔で返す。

凛も、また、笑顔で返す。


68
人混みの中を、進むふたり。

そろそろ、遊びが目につき始める。

「見て見て、射的!」

「お祭りの定番ですね。楽しそうです。」

「そうだ!海未ちゃんやってみてよ!」

「私ですか?凛ではなくて?」

「うんうん、上手そうだから!見てたいの!」

「上手そう、ですか…」


69
凛の持ちで、お代を出す。

「がんばれ!がんばれ!」

「期待される以上、中途半端な結果は出せませんね。」

渡された銃を見つめる海未。

弓道での経験を見込まれたのだろう。

しかし、このような銃になると自信がない。

ほんの少しだけだが、重圧と緊張を感じる。

凛の視線が少し重い。


70
まずはルールの確認をする海未。

景品を獲得するには、落とす必要がある。

許された弾は、五発。

「…厳しいですね。」

眉間にしわを寄せる。

「…」

しかし、決して弱気ではない。

その目は銃から的へと向けられる。


71
的として置いてあるもの。

小さいものは、お菓子。

大きいものは、ぬいぐるみ。

可愛らしい猫のぬいぐるみが海未の目に入る。

中段の真ん中、少し上のあたりだ。

そして凛を見る。

当然、凛の目は猫に釘付け。

普通なら、ぬいぐるみは避けるところ。

しかし、隣の凛を見ると、そういうわけにはいかない。


72
コルクを五つ、手に取る。

素人でも、品定めぐらいはできる。

勢いの出る、できるだけ新しいものを選ぶ。

そのうえで、打って、銃の状態を知る必要がある。

意を決し、コルクを詰める。

目の色の変わった海未を、凛は見つめている。

凛の手は、汗で濡れていた。


73
銃を構える。

当然、弓を射るときとは構え方が大きく違う。

脇を締め、身を乗り出す。

不慣れな体制で的を睨む。

海未は真ん中を狙う。

うつ伏せでこちらを見る丸い猫の顔面の、中心。

鼻先を目掛けて、引き金を引く。


74
弾は、猫の左耳に直撃した。

「…右上ですね。」

即座に次の弾をこめる。

凛は、息を飲んで見つめるのみ。


75
逸れた原因は自分にはない自信が海未にはあった。

寸分の狂いも許さない精神状態は、構えが変わっても同じ。

左耳を撃ち抜かれた猫は、少し左後ろに後ずさりしている。

再び構える。

次の狙いは、対角線。

大きく左下に銃口を向け、集中する。

二発目。


76
猫は少し跳ねて、右半身も後退させた。

「…」

狙い通りだが、残りの三発で上手く落とせる自信が持てない。

頬に、一筋の汗を感じる海未。

次の一発を迷っている。

不安と憧れの目で海未を見つめる凛。

凛にも、海未の汗は目に入っていた。


77
弾をこめて、構える。

迷った結果、狙うのはどこか。

深く息を吸い、銃口を彷徨わせる。

止めた瞬間、息も止める。

引き金に指をかける。

「…っ」


78
猫はアッパーを食らった。

先の二発で進んだ距離の二倍は押せただろう。

「ふう…」

集中力が途切れないよう、できるだけ周りを見ない。

コルクすら、目を向けず手に取る。

次の狙いは、先程と変えなければならない。


79
大きく下がった分、同じ場所は狙えなくなった。

しかし、端を狙っても少ししか稼げない。

海未は、腹を括った。

即座に装填、構える。

鋭い目を猫から離さず、そのまま引き金に手を掛ける。

「ふっ」


80
眉間をぶち抜かれた猫は狼狽える。

あともう一歩で崖っぷち。

凛は、祈るように見つめる。

弾をこめ、構える。

浴衣の狙撃手は、最後の一発に備える。

息を止め、引き金を引いた。


81
猫は、一歩後退し、そのまま止まった。

「あ…」

力が抜けていく凛。

銃を置く海未。

「惜しかったね…」

海未は複雑な顔をしている。

「でもすごい!あと一歩だったもん!」

「ええ…あと一歩。」

煮え切らない海未。

「じゃあ、行こっか。」

立ち去ろうとする凛。

「あと一歩、です。」


82
海未はお金を払い、再び銃を取る。

驚く凛。

慣れた手つきで弾をこめ、涼しい顔で一発。

今度こそ、猫は落ちた。

「ふう…」

凛は、立ち尽くしていた。


83
受け取った猫のぬいぐるみを、凛に渡す。

「どうぞ。」

「あ、ありがとう…」

凛は貰ったぬいぐるみを抱きしめる。

「少し、意地になってしまいました。」

照れ笑いをする海未。

顔を真っ赤にし、猫に顔を埋める凛。

海未は、いつものように微笑みかける。


84
再び屋台を巡るふたり。

海未は、ひとつひとつ見ては感想を発する。

隣の凛は未だ胸の高鳴りが抑えられず、頷くしかない。

海未からのプレゼントに、すがるしかない。

チラチラと海未の方を見ては、伏せ目になる。

そして目が合うと、恥ずかしくて逸らす。

その度に、海未はやはり微笑む。


85
「少し休みましょうか。」

そう言って海未は、人気のない場所へと凛を連れて行く。

ベンチを見つけ、座るふたり。

「凛、楽しんでいますか?」

「う、うん、楽しいよ!」

「そうですか。」

楽しいというよりは、この特別な時間が終わって欲しくなかった。

暗がりで、提灯の明かりが隣の顔を照らす。

凛はまた、横目で海未を見る。


86
「…花火、そろそろですね。」

「…そうだね。」

焼き付けるように、その横顔を見つめる凛。

今この風景にこの格好で似合う一番の女性。

憧れて、連れ出して。

この距離で隣に座っている。

「あっ…」


87
花火が上がり出す。

「…」

見上げる海未。

「…」

俯く凛。

「綺麗ですね…」

そう言って凛を見る海未。

「…どうしたのですか?」

「…ばか。」

凛の声は、花火に掻き消された。


88
花火。

勢い良く飛び出しては、派手に散る。

美しき月の隣で。

一瞬の輝きを見せて、跡形もなく消える。


89
花火を終えた祭りから、人気が消えていく。

ふたりも、流れに乗る。

「いい夜でしたね…」

「うん。」

「さみしいですね、これで終わりとは。」

「そうだね…」

「誘っていただけて、本当によかったです。」

「そっか…それなら凛もよかった。」


90
「猫、気に入っていただけました?」

「うん!すごいかわいい!」

「ふふ。」

「大事にするよ!」

「ありがとうございます。」

「抱いて寝ようかなー!」

「それはいいかもしれませんね、よく眠れそうです。」

「えへへ〜」


91
会話の区切りがつくと同時に、屋台の列も終わる。

人が散っていく。

ふたりも、方向が違うため、別れなければならない。

「じゃあ、また明日だね。」

「いえ、待ってください。」

「…?」

「時間も遅いですし、途中までは。凛が心配です。」

「い、いいよ、大丈夫だよ…」

「ですが…」


92
「大丈夫だって。」

「そうですか…」

「…ごめん。」

「いえ、謝る必要はないですよ。」

「うん…」

「では…お気をつけて。また明日、元気に会いましょうね。」

「うん、また明日。」


93
「改めて、今日はお誘いいただいてありがとうございました。楽しかったです。」

「…」

「それでは。」


94
離れていく海未。

凛は俯きながら力なく呟いた。

「ありがとう…」


95
おわり


96
back numberの「わたがし」を聴きながら、思い立って書きました。
とってもいい曲ですので、是非聴いてみてください。