遮断するにはGPSジャマーと言った機器を使用することになりますが、この GPSジャマー はGPS信号をジャミングするだけで完璧に信号をストップすることはできません。GPSの信号は電波が届かない場所や届きにくい場所では、携帯電話会社の基地局を元にして位置情報の確認を行ないます。この場合、位置情報はアバウトになりますが今現在どの辺りにいるかは、わかってしまいます。そういった事からGPS信号を完全に不能にするには携帯電話も止める必要があります。
http://www.probuycheap.com/jamming-equipment/c-2.html
4G/GPSに対応した携帯ジャマー今まで止まりにくかった機種も高確率でジャミングします。スマホの4G、3Gはもちろん最新の周波数にも対応しております。電波妨害装置は安価で販売されている。ダッシュボードに取り付けるタイプは50ポンド(約7500円)ほどで手に入れることができる。
http://www.probuycheap.com/mobile-phone-jammer/c-2_22.html
妨害機は、しかるべき者の手に渡れば武器にもなる。英国軍はウェールズのブレコン・ビーコンズ国立公園で装置のテストを行っている(同公園は軍事演習場としても使われている)。北朝鮮は、韓国内のGPS信号を遮断するためにトラック搭載型の妨害装置を使っている。実は、北朝鮮によるGPSへの妨害工作が取りざたされたのは、今回が初めてではない。北朝鮮はトラックに載せて運べるタイプの妨害電波発信機をロシアから購入しております。
http://www.probuycheap.com/gps-jammer/c-2_26.html
正常に動作しない衛星や太陽活動時の自然干渉がGPS信号に作用し、船舶が航路から外れるケースも発生している。ナビゲーションの専門家であるデビッド・ラスト氏は、GPS妨害装置を装備したクルマがカーフェリーに乗船することで不慮の停電が起き、船が難破する危険もあると説明する。

今回の 携帯電話ジャマー は開城(ケソン)付近から発信されているとみられている。開城は板門店から北方8キロ、ソウルからは80キロの位置にあることから、妨害には前出のロシア製の設備が使用された可能性もある。GPSの電波は微弱である事から、妨害は容易です。海外での実害レポートを参照する限りは、数kmという範囲で安価な機材で妨害は可能なようです。GPS周波数帯に微弱電波を発生される事により、ナビゲーションや携帯電話・スマートフォンなどのGPS電波の受信を遮断することが出来ます

使用不可の注意書きがあるにもかかわらず、車内や館内でケータイ通話をする人はいるもの。とはいえ注意をしてトラブルになるのは極力避けたいところです。そんなときに使えそうなのが、ケータイの電波をジャミングする「電波妨害機」。いったいどんな装置なのでしょう。この販売する機器であれば携帯電話とGPSを一気に遮断させることができます。大型のモデルで車内でも使用できますのでかなり強力です。