~幻夢コーポレーション~

大我 「ふん、まさか仮面ライダーと伝えただけで通されるとは……天下の幻夢コーポレーションも緩いもんだ」
大我 「まあ良い。あの社長の事だ、持ち去っているとは思うが……」
――
大我 「良いのか?俺は知ってんだぜ」
大我 「ゼロデイを引き起こした『プロトガシャット』、あんたの会社が未だに持ってる事を」
大我 「それを世間に公表したら……」
――
大我 「(プロトガシャット……、あいつがあれば)」

~数分程遡り、都内某所~

貴利矢「えーーっと、ここは……ゲーセン、だよな?」
永夢 「はい!」
永夢 「僕、まだ貴利矢さんの事よく分からないので……、まずはゲームでも!」
貴利矢「おいおい、普段自分ゲームなんて……」
永夢 「まあまあ、そう言わずに!やればノリますよ絶対に!」
貴利矢「ちょ、永夢!?」
……
飛彩 「……」
明日那「ねえ飛彩?」
飛彩 「何だ、ポッピー」
明日那「今は明日那!……じゃなくて、どうして永夢達の尾行なんてしてるの?」
飛彩 「今日は予定が無かったからな」
明日那「いや、だからって二人を尾行する必要は」
飛彩 「予定が無かったからな」
明日那「……」
飛彩 「……まあ理由付けをするならば、研修医が下手をしないか監視といったところだ」
明日那「ふーん。……ん、あれ大我じゃない?」
飛彩 「何?……そのようだが、何故こんな所をうろついている」
明日那「あっ、幻夢コーポレーションに入ってく!」
飛彩 「あいつ、何を企んでいる!」
明日那「行こう飛彩!」

~時は戻り、幻夢コーポレーション~

大我 「……ちっ、やはりプロトガシャットは持ち去られていたか」
大我 「仕方ない、一旦出直して――」
飛彩 「花家大我」
大我 「!?……なんだ、外科医の坊ちゃんか」
大我 「何をしに来た?ここには何もねえぞ」
飛彩 「お前こそ何をしに来た?何も無いならば、こんな所に来る必要は無いはずだ」
大我 「別に、ちょっとした寄り道さ」
飛彩 「……!」
明日那「ダメ、飛彩!」
飛彩 「話せ……、お前は何をしにここに来た!?」
大我 「……ふん」
大我 「お前ごときが知る必要はねえな。あばよ」
飛彩 「待て!」

~sideエグゼイド&レーザーへ~