愛しているから自分だけの存在にしたいと言う。

それは、その通りだと思う。

俺には好きな人がいる。

その人は、自分の手の届かない場所にいる。

その人のことを、常に考えて、その人に対して、俺は自分のものにしたいと常に思う。

ましては、殺して、一生自分のそばに置いておきたいし、その人の血を舐めたいとも思ってしまう。

血だけではなく、その人の肉、皮膚も食べて自分の身体に取り込みたいとさえ思ってしまう。

俺は、あの人の声、口、耳、目、身体、脚、心臓を自分だけで独占する。

他人には、目に触れず、声が届かない存在でいて欲しい。

あの人の声、目は自分だけい届くような存在といて欲しいと思う。

自分だけの存在に彼女という立場では叶わない。

だって、他人の目に触れてしまうのだから。

他人の目に触れずにしてしまうのは、殺して、自分だけの存在にするしかない。

殺すなら、鋭利な刃物で殺そう。あの人を抱きしめながら、体温を感じながら、声を聞きながら。

でも、殺してしまうと声が聞けない。

声が、魅力的で可愛い笑い方のあの人。

声が聞きたい。

機械越しではなく、実際に会い、生で声が聞きたい。

色んな作品で出す声を生で感じたい。

口、耳、身体、脚に触れて体温を感じたい。

でも、殺して、食べたい。

あぁーどうしよう。

声が聞きたいし、触れたい。

でも、殺して、食べたい。

食べ方は、血を抜き、それをコップに注ぎ、生肉をメインに、あの人の身体のフルコースを食べよう

か。

抜かれて、自分だけの存在になったあの人を抱きしめながら、あの人の出ている作品を聞きながら、あ

の人のことを考えながら食べよう。

と、考えてしまう自分がいる。

だが、それは到底叶うことのない夢だ。

実際に叶うといいなー。

殺すのが、無理なら、目一杯抱きしめ身体を触れながら体温を感じよう。

あの人の魅力的な声を聞く、あの人の可愛い笑い方を聞く。

たとえ、殺せなくても、あの人のことを愛したい。

あなたのことが知りたくて、SNSの通知オンにしているよ。

誰よりも早くメッセージ送るよ。

あの人がイベント参加しても、いけなくてごめんね。

自分以外の人と話している周りの人に嫉妬してしまうよ。

いつか、あの人が、俺のことだけを見てくればいいのに・・・・。

今日も、あの人が出ている作品を聞くよ。

ラジオが、あれば欠かさず聞くよ

新しく作品が出れば、手に入れるよ。

イベントがあれば、できるだけ参加し、会いにいくよ。

当たり前でしょ。

だって俺は、あの人のことが大好きな仕方ないファンなんだから。

もし、あなたを、鋭利な刃物で殺して、あの人の身体のフルコースを食べて、永遠に自分の存在だけに

しても恨まないでほしいな。

だって、あの人の事が大好きで、自分の存在の一部にしたいのは当たり前でしょ。