翌朝4時頃

・・・なぜだろう、新聞配達をしていた影響からかいつもこの時間にはめが覚めてしまう。環境が変わったせいでもあるのだろうが、・・・よし。)

プラウダ高校滑走路脇格納庫

機体に乗り込む俺

ウィーン ウィーーーーーーーー↑ーー~ゴーーーー↑ーーーー

レーダーオン ピッ、ピピッ、ピッ、ピピッ

風防 ガチャン

管制担当学生(こちら管制塔、管制塔からseefoxへこれより離陸の誘導を開始します、貴機は第3エルロンを通り第2滑走路へ向かってください、本日の天気は曇り、風向きは方位320、風速4m/sです・・・・・・・・・)

mig21ヒューーーーーーーン

俺(こちらseefox、seefoxから管制塔へ当機は現在第2滑走路へ到着した、次の指示を待つ。)

管制学生(管制塔からseefoxへ、それでは離陸を許可します、離陸後は高度2000から10000の間を方位120から240の間をフリーフライト、当艦より約80kmの距離とします。それでは良い旅を、グッドラック。)

俺(感謝する管制塔)

エンジンフルスロットル(ゴゴゴゴコゴゴゴー・・・

直後シートに押し付けられるほどのGと空に吸い込まれるように機体が上昇した。

エンジン ゴゴゴゴコゴゴゴゴゴゴゴコゴゴゴー

レーダー ピッ ピピッ ピッ ピピッ ピッ ピピッ

空では無機質な機械音とエンジン音が永遠と鳴り響く、機体から発せられる音以外は何も聞こえない、この静かな時間が個人的には気に入っている、何も考えずに飛んでいられるのだから。

数時間後・・・・・

格納庫内にて

俺(・・・・・・)

カチューシャ(相変わらず一人好きね)

俺(ビクッ)

俺(足音立てずに近づくなよ、びっくりする。)

カチューシャ(口が悪いのも相変わらずね、)

俺(今に始まった事じゃないべ。)

カチューシャ(まあね。)

カチューシャ(・・・・ところで)

俺(ん?)

カチューシャ(前から思ってたけど、これまで一人で何かしらこなしてきて寂しくないの?)

俺(特に寂しいとかはなかったな、大勢でやるより、一人でやる方が向いてるんでね?)

カチューシャ(・・・嘘つき)

俺(えっ?)

カチューシャ(何でもないわよ。)

カチューシャ時計読み、

カチューシャ(もう朝食の時間だから食堂に来なさい。)

俺(ヘイヘイ)

食堂・・・・・

俺(やっぱ、全校生徒収容できるレベルの食堂ってだだっ広いな。)

カチューシャ(そりゃそうよ、うちは学園艦の中でもトップクラスの大きさなんだから。)

俺(俺は生まれついての陸学校なんでな。)

カチューシャ(今の時代は学園艦が主流なのよ!)

俺(時代の流れってやつか。)

カチューシャ(いきなりおじさんみたいな事言わないでよ。)

俺(へーい)

俺(で?俺の席どこ?)

カチューシャ(そこ)指差し

俺(気のせいか?ご立派な椅子が3つほど並んでるように見えるんだが、隊長と副隊長なら2つで良いんじゃね?)

カチューシャ(だってまだ全校生徒に挨拶すらしてないじゃない、そこで朝食前に自己紹介してもらうわ。)

俺(まって、全校生徒って全員女子だろ?はずすぎるだろ。)

カチューシャ(あー、逆らうの?)

俺(位やいやいやそういう訳じゃねーよ?、でもさすがにこr)

カチューシャ(シベリア送り25ルーぶ、、、)

俺(わかりました。はい。)

カチューシャ(よろしい。)

俺((ここに人権てものは存在しないのか))

カチューシャ(あら、ノンナおはよう。)

ノンナ(お早うございます、同志カチューシャ、それに安村さんも。)

俺((俺は菓子のおまけか。))

ニーナ、アリーナ(カチューシャ様、お早うございます。)

カチューシャ(おはよ、ニーナ、アリーナ)

カチューシャ(あ、昨日バイトであなたに紹介するの忘れてたわ、そのニーナのとなりにいる子)

アリーナ(はじめまして、アリーナです、お話は聞いてます。これからよろしくおねげします。)

俺(ああ、よろしく。)

ノンナ(同志カチューシャ、もうそろそろ朝食の時間です。)

カチューシャ(わかったわ)

カチューシャ(全員注目!!)

カチューシャ(これからしばらくの間この学校に電話する転入生を紹介するわ。)

プラウダ高生A(えっ、転入生て男子?)

プラウダ高生B(カチューシャ隊長もそういう年になっただか、、、)

カチューシャ(そこ、聞こえてるわよ!)

プラウダ高生A,B(すみません。)

カチューシャ(じゃあ時間おしてるから、自己紹介しちゃいなさい。)

俺(はい、しばらくの間お世話にやることになりました、安村です、皆さんよろしくお願いいたします。)

カチューシャ(事情は後で皆に説明するわ、練習の5分前には所定のところに集合しなさい!)

プラウダ高生達(はーい)

朝食後

ノンナ(カチューシャ、今日の予定ですが、)

カチューシャ(あっ、うん言ってって。)

ノンナ(今日の午後5時に交換留学生のクラーラが到着する予定です、なのでその時間の予定は開けておいてください。)

カチューシャ(わかったわ、今日の予定はそれだけ?)

ノンナ(はい。)

カチューシャ(なら、大洗以外の高校集めて安村の紹介でもしようかしら。)

ノンナ(今日いきなりですか?)

カチューシャ(そうよ、だからこの後各高校に連絡着けておいてくれる?)

ノンナ(はい。)

カチューシャ(じゃあそういうことで準備が整い次第連絡するからムラーシャはこの後は自由時間よ、ただし、連絡したらすぐにこれる場所にいなさい、わかった?)

俺(わかった。)

カチューシャ(じゃあ私は戦車道の練習あるから、バイバイ。)

俺(ほい。)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
2話完、3話へ続く。