前回のあらすじ

アクア「なんか最近股が痒いんだよね。」

ダクネス「カズマに襲われでもしたんじゃない?いいなあ。」

アクア「(確かに可能性もなくはない。)」

アクア「ちょっと、めぐみん。」

その夜。

アクア「んっ!…っあ!んはああうう!」ビクククッ!ブシャアアアアアアアア!

カズマ「よし。今日のところはこれで。戻るか。」ヌプッ

カズマ「!!」











めぐみん「今の行為、見てましたよ。」

カズマ「うっ、出来るだけロリは後で頂きます(意味深)したかったんだが…」

カズマ「クソッ!」ガバッ

めぐみん「キャア!?」

カズマ「服脱ぎやがれ!!」

アクア「…ん?」キョロキョロ

アクア「」ジーッ

アクア「」

アクア「キャーッ!変態っ!」

カズマ「…!!しまった!」

アクア「誰か!変態よーっ!」

カズマ「うっせえ!」ズプッ!

アクア「ひゃんっ!?///」ビクッ!

カズマ「この駄女神が!こうしてやる!」ズチュッ!グチュッ!グチュグチュグチュチュッ!

アクア「…っん!…っあ!…っちょ!カズマ!やめっ!ああっ!」ビクッ!ビクッ!ビッ!ビクッ!ビビビクッ!

カズマ「よし。こいつはこの位でいいか。」ヌプッ

アクア「…!…!」ハアハア

カズマ「さーてと。次は…。」ギロッ

めぐみん「ひぃっ!」ガクガク

カズマ「めーぐみん♪」

めぐみん「い…いやっ!来ないで!」ガクガク

カズマ「駄目だよ?見た分…」

カズマ「ヤって貰わなきゃ。」

めぐみん「いっ、いやあ。」

カズマ「それっ。」ズプッ

めぐみん「いやあああああああああああ!」ビックン


















アクア「ん…カズマ…もっとぉ!」ハアハア

めぐみん「カズマ…私にもっと○子を注ぎ込んでぇ…!」

カズマ「いいぞ。そらっ!」

アクア「んはあ!」ブシャアアアアアアア!

めぐみん「んふうん!」ブシャアアアアアア!

カズマ「よーし。二人とも、いいこだ。」

カズマ「さあて、次は…。」

カズマ「ダクネス。」

続く