前回までのあらすじ

アクア「最近股が痒いんだ。」

ダクネス「カズマに襲われでもしたんじゃないの?いいなあ。」



アクア「…っん!…っあ!」ブシャアアアアアアア!

そしてめぐみんまで巻き込まれ…

アクア・めぐみん「んはあ!///」ビクビクンッ!ビクンッ!

カズマ「さあて次は…」

カズマ「ダクネス」


















カズマ「(作戦はこうだ。)」

カズマ「(まずアクア、めぐみんとヤる。)」

カズマ「(次に、その音を聞いたダクネスを襲う。)」

カズマ「(これで、作戦は完璧だ。)」





カズマ「(作戦開始だ。)」

カズマ「おーい。アクア!めぐみん!」

アクア「…っん!…っふう。カズマ!今日もHしてくれるの?」ハアハア

めぐみん「お願いします!腔内がうずいてしかたないんれす!」ハアハア

カズマ「分かった分かった。ちゃんとヤってやるから。」

カズマ「よし。まずはアクア、お前からだ。」

アクア「ふぁい…!///」

カズマ「じゃ、挿入れるぞ。」

アクア「お願いします。///」

カズマ「よいしょっと。」ヌプッ

アクア「ひゃん!///」ビクッ

カズマ「じゃあ動かすぞ。」

アクア「う、うん!!」

カズマ「」ヌチュッ!ヌチュチュッ!ヌチュヌチュヌチュヌチュッ!

アクア「っん!…っう!…っひいん!」ビクビクッ!ビクンッ!ビックンッ!

カズマ「」ヌチュヌチュッ!クチュッ!クチュチュチュッ!

アクア「っんあ!…っふぐう!ひにいいいいいい!」ビクンッ!ビビビビククンッ!ブシャアアァァァァァァ!

めぐみん「なんか興奮してきました…///」クチュクチュ

アクア「ひにゃああああああああっ!///」ブシャアアアアアアアアアアアアア!!

めぐみん「んふっ!はあ、はあ…!///」クチュクチュクチュクチュ

アクア「はあ、はあ…///」ビクンッビクンッ

カズマ「アクアでは反応なしか。」

めぐみん「わ、私もカズマのお×んちん欲しいれすう…!」

カズマ「クククッ全くしようがねえ奴だな。挿入れてやるからケツ出せ。」

めぐみん「はい…!///」

カズマ「よーし。いいこだ。」ヌプッ

めぐみん「んひゃうん!」ビックン!

カズマ「よし、抜き挿しするぞ。」

めぐみん「は、はい。」ハアハア

カズマ「」クチュクチュグチュグチュグチュ!

めぐみん「んっ!にゃっ!…っああ!///」ビクッ!ビクッ!ビクンッ!

カズマ「…っ!こいつやっぱ穴が小さいからか射精感が込み上げてくる!」ギンギン

めぐみん「んっ!?んひいっ!?んほおおおおおおおおお!?」ブシャアアアッ!

カズマ「がっ、射精るっ!」ドピュッ!ドピュルルルルルルルルル!!

めぐみん「んふぇえ!ふにぇええええええええええ!」ブシャアアアアアアアアアアアアア!

カズマ「はあ、はあ。」

めぐみん「あっ!ひゃっ!」ビクンッ!ビクンッ!ビクンッ!ビクンッ!

カズマ「(もっかいやろうかな。)」




ダクネス「カ、カズマ、何してるんだ?」ハアハア

カズマ「おお、ダクネス。お前もヤるか?」

ダクネス「もちろん。ヤるに決まってるじゃないか!」ハアハア

カズマ「じゃあダクネス。ケツを…」

ダクネス「私は違う体勢でヤりたいのだが。」

カズマ「ああ。いいぞ。どういう体勢…」ドサッ

ダクネス「こんな体勢だ。」