前回

アクア・めぐみん「カズマのお×んちん、ほしいれすぅ…」


アクア・めぐみん「んっ、ふあああああああああああん!///」ブシャアアアアアアアアアアアアア!!

ダクネス「カズマ、何してるんだ?」ハアハア

カズマ「おお。ダクネス。お前もヤるか?」

ダクネス「もちろん。ヤるに決まってるじゃないか。



カズマ「…どんな体勢でヤるんだ?」

ダクネス「この体勢だ。」





カズマ「!?」

ダクネス「この体勢だ。」ハアハア

カズマ「え?って、あ!?」ビクンッ!

ダクネス「さあ、早く突いてくれ!」ハアハア

カズマ「っああ!分かったぜ!突いてやるよ!」ブスッ

ダクネス「お、おおおう!?」ビックウ!

カズマ「はあ、はあ、全くお前はとんでもねえ痴女だな。」

ダクネス「はうっ!///最後の方、もう一度言ってくれ!」

カズマ「?痴女。」

ダクネス「はうんっ!来るぞ!いkーーーーーーーーーーーー !」ブシャアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアア!!!!!

カズマ「だ、ダクネス!お前、ちょ…」

ダクネス「ーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!!」ブシャアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアア!!!!!

カズマ「(こいつ、どんだけ発情してんだぁ!…息が、できねえ…!)」

ダクネス「よし。お礼だ!カズマに○精を100回ほどさせてやる!」ヌプヌプヌプヌプヌプヌプヌプヌプ

カズマ「ん!?あ!?うわあああああああああ!」ドピュッ!ドピュルルッ!ドピュルルルルルルルルルルルルル!!!

ダクネス「う、うはあああああああああああああん!///」ブシャアアアアアアアアアアアアア!

ダクネス「はあはあ。気持ち良かっただろ。またすぐやらせてやる!」ヌッ

カズマ「はあ、はあ。ダクネス!ちょっとまて!」

ダクネス「」ズプズプズプズプズプズプズプズプ

カズマ「…っう!…っあ!うわあああああああああああああああ!!!!!」ドピュッ!ドピュドピュッ!ドピュルルルルルルルルルルルルル! キゼツ

ダクネス「おおおうっ!…んっ!すごい!すごいぞカズマ!」

ダクネス「んはあっ!ほおおおおおお!?うはああああああああああああ!///」ヌプヌプヌプヌプヌプヌプヌプヌプッ!ブシャアアアアアアアアアアアアアッ!」

それはダクネスの就寝時間まで続きましたとさ。