ラヴリール「さて。ヤろうぞ。」

カズマ「おう。手加減しねーぞ。」


???「さて。もう少し。ですね。」










カズマ「」ボロン

ラヴリール「ほう。意外と大きいのう。」

カズマ「ハハハッ。」

ラヴリール「よーし。」

ラヴリール「」

ラヴリール「さて。では…。」パクッ

カズマ「へ?」

ラヴリール「いや、性器の位置が分からんくてのう。口でしか出来んのじゃ。」

カズマ「俺なら分かるぞ。」

ラヴリール「本当か!?教えろ!」

カズマ「まず口をチ○コから離せ。」

ラヴリール「あ、ああ。」




???「さて、あと少しですね。んしょ…着いた!」

???「あのー。誰かいるでしょうかー!」

「」スミマセーン!

アクア「ん、誰だろう。この声は、ゆんゆん…じゃ、ないわよね。」

アクア「はーい。どなたですか?」

???「あの、カズマっていう人、いるでしょうか。」

アクア「あ~。ごめんなさい!今カズマはスライムタワーに討没に行っていて…」

???「その塔の場所を教えてくれませんでしょうか。」

アクア「いいけど…アンタ、カズマとどういう関係なわけ?」

???「申し遅れ失礼しました。私、エルフロンティア王国の王女、ミラル・レイと言います。(まず、権力がある人だと思わせて…)この度は、カズマ様のご活躍を聞きまして、飛んできました。(話し方これで大丈夫だよね?)」

アクア「(怪しい人じゃ、無さそうね。)」

アクア「その塔なら…」





カズマ「えーっと。どこかな。お、あった。」

ラヴリール「…見つかったか?」

カズマ「ああ。でも、触ってないからかめっちゃ固くなってるぞ。ほぐさないとな。」モミモミ

ラヴリール「ひあっ!?」ビクッ!

カズマ「おっ。もう感じたか。でもまだ固いな。もう少し。」モミモミモミモミモミモミモミモミ

ラヴリール「ん!?ひあっ!?んふぁあ!」ビクビクビクッ!

カズマ「驚いたな。俺の超絶テクで揉んでるのにまだイってないとは。」モミ

ラヴリール「っあん!///あたりまえじゃろ!っんあ!///このくらいで、はああ!!///イクわけ、んん!///ないじゃろうが!」ビクッ!ビククッ!ビクンビクンッ!

カズマ「そうか。なら、これはどうだ!」ズプッ!

ラヴリール「んはあっ!///」ビクンッ!

カズマ「オラオラオラオラァ!」ズプズプズプズプッ!

ラヴリール「いやっ!///んっ!///ひああああぁぁぁぁん!///」ビクッ!ビクッ!ブシャアアアアアアァァァァァァァ!

カズマ「よし。イったな。」

ラヴリール「も、もおやめ…」

カズマ「それはもう一回ヤってってことか?」

ラヴリール「違っ!」

カズマ「」ズプズプズプッ!

ラヴリール「いやあああああああぁぁぁぁぁぁぁ!」ブシャアアアアアアァァァァァァァ!











ラヴリール「」チーン

カズマ「討没完了っと。」

???「あの、すみません…」

カズマ「うわっ!?誰だお前!」

???「すみません。私、ミラル・レイと言います。この度はカズマ様の(ちんこの)ご活躍を聞き付けて私の処女を奪ってもらいたくて来ました。」

カズマ「(なるほど。…確かに顔もかなりいいし、向こうから頼んで来るとは。この機会、逃したら損になりそうだな。)」

カズマ「いいぞ。」

レイ「ありがとうございます!///」











カズマ「じゃあ、挿入れるぞ。」

レイ「はい!///」

カズマ「」ズプッ

レイ「んひいっ!?痛っ!」ブチッ

カズマ「あ、痛かったか。ごめんな~。」ヌプヌプヌプヌプッ!

レイ「ひあっ!うにい!ひぎい!」ビクッ!ビクッ!ビクッ!

カズマ「お、おおっ!」ドピュルルルルルル!

レイ「んほおおおおぉぉぉ!?」ブシャアアアアアアアアァァァァァ!

カズマ「もう一回やるか?」

レイ「はい!///」





ラヴリール&レイ「」チーン

カズマ「(二人とも気絶しちまった。…仕方ない。どっちも上玉だし、風邪引いても困るからな。家に連れてこう。)」



カズマ「(さて…。)」

アクア「カズマ?その人は誰?まずそっちの方。」

カズマ「獣人の方か?」

アクア「そうよ。その人。レイさんの方。」

カズマ「俺がボスと戦ってるときに来て、頭打っちゃったんだよ。」

アクア「そう。じゃあそっちの方はどうかしら?」

カズマ「こいつは…えっと、ボスに捕まってたんだ。疲れて寝たらしい。」

アクア「そう。ところでカズマ…疲れてない?」スルリ

カズマ「!?」

アクア「」ペロペロ

カズマ「アクア!?」ビクッ!ビクッ!

アクア「大分性欲、たまってるんじゃない?」ジュルルルル!

めぐみん「あ、アクア!抜け駆けはずるいですよ!」ハアハア

ダクネス「待てアクア!私も入れろ!」ハアハア

カズマ「アアァァァァァッ!///♂」

続く
_____________________________________________________________

今回は少しお笑い回となりました。
次回もよろしくお願いいたします。