レイ「お母さま、お姉さま、着きましたよ。ここが…カズマさんの家…いや、
屋敷です。」






「」ピーンポーン

アクア「はーい。」

レイ「あっ、この前の…」

アクア「ん?この前?…ああ~っ!あの時の女!」

レイ「すみません…カズマさんはいるでしょうか。」

アクア「ええ。まだ寝てるけど…」

レイ「失礼します。ほら。お母さま、お姉さま。」ゾロゾロ

アクア「えええええ、ちょっと!待ってよ!」

「」バタン…カチャッ

アクア「…え?」










レイ「ここがカズマさんのお部屋ですか。あ、ほら。お母さま、お姉さま。そこに寝てるのがカズマさんですよ。」

レイ姉「フフッ。可愛い顔ですね。」

カズマ「」スゥ-スゥー

レイ「」










レイ「お母さま、お姉さま。」

レイ母姉「?」

レイ「少し部屋の外に出て頂けますか?」

レイ母姉「え、ええ。」ガチャッバタン










カズマ「んん…。」パチッ

レイ「あっ、カズマさん!お目覚めになりましたか?」ジュプジュプ

カズマ「ん…お前…レイ?どうしてここに…ん?お、お前…!!何してっ!」

レイ「何って…セックスですけど…?」

カズマ「『セックスですけど…?』じゃねえよ!とりあえず、離れてくれ!」

レイ「しっ、失礼しました!カズマさんの気持ちも考えず、こんなことを!」

カズマ「でも気持ち良かったからもう一回ヤってくれ。」

レイ「どっちなんですか!…挿入れますよ?」ヌプッ

カズマ「んっ!///くぁああ!」

レイ「…んっ!///相変わらずカズマさんのおチンポは大きいんですね。」

その頃、部屋の外では

「」ギシ…ギシ…

アクア「ちょっとちょっと、家の愛するカズマとあなた達の娘がベッドの上で激しく絡み合ってるんですけど!」

レイ母姉「ごめんなさい。」

アクア「そうじゃなくて!何か言って、あなた達の暴走娘を止めなさいよ!」

レイ母姉「ごめんなさい。」

アクア「…あああああ!もう!いいわよ!女神の私が止めて来るから!」

カズマの部屋

「」ギシ…ギシ…

レイ「ん…んふ…」

カズマ「どうだ?気持ち良いか?」

レイ「はひ…きもひいいれす…」

アクア「そこの娘!カズマを離しなさい!」

カズマ「うわっ!アクア!」

アクア「よかった!カズマ!起きてたのね!さあ、今すぐこの淫乱狼から逃げましょう。」

カズマ「え、やだよ。」

アクア「は?」

カズマ「だってアクア、誕生日に何もくれなかったじゃん。」

アクア「はあ…」ヌギヌギ…バサッ

カズマ「?」

アクア「いいわ。今からプレゼントをあげるわよ。」

続く
_____________________________________________________________

ということで次回は誕生日回です!乞うご期待下さい!