…打ち切り告知だと思った方、素直に手をあげてください。



失踪なんてしてませんからね?!(笑)ちゃんと第六話の制作してますからね?!

どなたかが「勉強」と言うことをおっしゃってくださいましたが、その通りです。勉強…と言うよりかは学校が忙しいのですが…。
あまり個人情報を出したくないので私は今現在、高校二年生であることだけ明かしておきます。
高校二年生、話に聞いていた通りに忙しいものです。始まった当初はそこまでだったのですが、進むにつれて勉強も難しくなりますし、文化祭や修学旅行もあります。特に私は理系ですので、量も半端無い状況です。
続き早よのコメント、本当に嬉しいです。更新するたびに待ってくださっていたのかと思うと続きを書く活力にもなります。
ですが、先述した通り私も忙しい身。続きを楽しみにしてくださるのは本当に嬉しいのですが、少し我慢してください。おそらく四ヶ月以上間を空ける事は無いとは思いますので。
ただ、やはり三年になると大学受験が有りますので、そうなると活動を休止することになってしまいます。この小説を読んでくださっている方々には本当にご迷惑をおかけしますが、このストーリーは最後まで投稿する所存です。完走はいつになることやら…情け無い作者ではありますが、引き続きポケットモンスターXY&Z二次創作小説 ポケットモンスターα&Ωのご愛読、どうかよろしくお願い致します。

えぇっと、尺が余ってしまいましたので、ここから先のストーリー構成を少しお話ししたいと思います。
先に断っておきますが、ネタバレ注意です。まだ知りたく無い方は読まないでくださいね?

フリじゃ無いですからね?





先ず、第六話ではタケシくんが、ヘルガーを助けようと大活躍します。
第七話は、トウカシティはハルカの故郷ということで、トウカジムに行きます。そこでハルカの他のポケモンに会おうということになるのですが、温室を管理しているセンリさんはバトル中。相手を見てみると新キャラ登場ですよ。さらにその人物とそのポケモンには特殊な力があって……。
第七話まではこんな感じです。その後は大まかな流れは考えてありますがまだ細かくはできてません。因みに、最終章はすでに出来上がっているんです(笑)。それに繋げられるように頑張っていきたいなと思います。