パターン考えてたもう1つの方。
_____________________________________________________________

カズマ「そういえば、アクア。」

アクア「何よヒキニート(笑)」

カズマ「そういえばお前、水の女神なんだよな。」

アクア「ええ、そうだけど。」

カズマ「お前、水作れるだろ。"水の女神"なんだから。」

アクア「あ、当たり前じゃない!私を誰だと思ってる」

カズマ「ちょっと水作ってくれないか。」クリエイトウォーターデ

アクア「あ、あなた自分でも水は作れるでしょ!」

カズマ「そうなんだけどさ、今ちょっと魔力足りなくて。」











トイレ

アクア「私が水なんて、作れるわけないじゃない。代わりに私のおしっこを飲ませてやるわ。」

アクア「なかなかおしっこ出ないわね。仕方ない。」クチュクチュクチュクチュ

アクア「」クチュクチュクチュクチュ

アクア「んっ!///あっ!///」ビクッ!ビクッ!

アクア「んほおおおおおおおぉぉぉぉ!?///」ブシャアアアアアアァァァァァァァ!

[コップに淫液/愛液が溜まる音]

アクア「はあ、はあっ!これで良いわね。」











アクア「カズマ~!」

カズマ「おお、アクア。水、出来たか。」

アクア「ええ。これよ。」チャプン

カズマ「うえっ!なんだこの臭い。」

アクア「仕方ないでしょ。そうなるんだから。…飲みなさいよ!(やっば、臭い消すの忘れてた!)」

カズマ「…?」ゴクゴク

アクア「どう?美味しい?」

カズマ「何て言うか…苦いし、しょっぱいし、ヌルヌルするし。不味いだけだよこれ。」

アクア「(やっば浄化すら忘れてた!)」

カズマ「それに…。」

アクア「『それに…。』…?」

カズマ「」ハアハア

アクア「ちょっとなに?カズマ?嘘よね?止めて!いやああああああああっ!」

めぐみん「なにしてるんですか?二人とも。」
_____________________________________________________________

そしてあの2話に続く…予定でしたが、なんか中途半端過ぎるため辞めました。