突然ですが、11.5話…11話と12話の間の話をお送りします。
_____________________________________________________________

カズマ「う、あああ~っ!」ドピュルルルッ

アクア「うるっさいわね!何やってん…の…?」

ラヴリール「フフフフフ。」ペロペロ

カズマ「あ、アクアっ!!助けてっ!」

ラヴリール「」アム

カズマ「~~~~~~~~~っ!」ビュルルッ!ビュルルルルッ!

アクア「キャアアアアッ!」

めぐみん「うるさいですね。どうしたんですか。今日は疲れたんで、早く寝かせて下さいよーーー」

ダクネス「全く、どうしたんだ?カズマーーー」

めぐみん「キャアアアアアアアア!」

ダクネス「おい、なんだその特殊プレイは!私にもヤらせてくれ!」ハアハア

カズマ「助け…て…」












アクア「なるほど。この娘はモンスター。すなわちモン娘で、カズマはこいつに精液を搾り取られてたって訳ね。」

ラヴリール「そういうことじゃ。こやつの精液は旨くてのう。」

アクア「カズマは一応休ませておいてるけど…さて、あなたをどうしようかしら。」

ダクネス「どんなことを…するんだろうか。はっ、もしやとても破廉恥な行為を…」ハアハア

アクア「めぐみん、そこのクルセイダーに、一発かましてやってちょーだい。」

めぐみん「ええ…。」

ダクネス「わっ、私はいつでもいいぞ。」ハアハア

めぐみん「では…」

《魔術の例の音》

めぐみん「『エクスプロージョン』ッツ!!」ドーンッ

ダクネス「す、すごい音…光だ!うわああああっ!」

「」ドッカーン!!!

アクア「めぐみん…あんた、張り切り過ぎよ。」ボロボロ

めぐみん「はい~。今回は威力が強すぎました…」ボロボロ

ラヴリール「今の内に…。」タッタッタッタッタッ…

アクア「あ~っ!ちょっと!待ちなさいよ~っ!」タッタッタッタッタッ…

続く

_____________________________________________________________

ということで11.5話おしまい!12話、楽しみにしててくださいね!
キャラが増えすぎて、書き分けるの大変…!(まだ増えるしw)
応援コメもお願いします!