「また生き恥を増やしてしまったわ」
私はよっちゃんの一番お気に入りのセクシーで大人ぽい黒いブラとパンツを握りしめて呟いた。
でもそんな後悔なんて喉元過ぎれば熱さなんか忘れて、必死にかすかに残っているよっちゃんの芳しい香りを嗅覚をフルに活用して嗅ぐ。

「やっぱり良い匂い…最高のフレーバよ!」
少し塩ぽい匂いと百合のような甘い香りが交わって唯一無二のものとしている。これは千歌ちゃんにはないものだ。まぁ千歌ちゃんも良い匂いなんだけど!

「もっとよっちゃんを感じたい」
私は無意識にスマホを操作して、よっちゃんに電話をかける。

「よっちゃんあそこの匂いを直接嗅がせて」
一言目がこれである。実に酷い。

「はっ?バカじゃないの?」
当然のように罵ってもらった!あぁ、なんて嬉しいことなんだろう。きっとよっちゃんはこの世の底辺を見下すような目で放ったに違いない。

「実はよっちゃんの勝負下着を手中にしてるのよ?これを生写真つきで転売したらどうなるかしら?」
軽く脅しをかけてみる。こんな至宝転売なんか一切する気はないんだけどね。

「えっちょと、嘘でしょう?いくらバカなリリーでもそんな非道なことは…って本当にお気に入りの下着が消えてるんですけど!」

「ね?事態が飲み込めたでしょう?」

「バカリリー!とっとと返しなさいよ!」
よっちゃんの怒気が電話ごしでもひしひしと伝わってくる。でも怒っている人を追い込むの大好きなの。だから余計に興奮する。触ってもいないのに秘部からはエッチなお汁が漏れ出てパンツを濡らす。私って本当に変態!

「嫌だよ。せっかく苦労して手に入れたんだから有効に使いたいの。返して欲しければ要求のんでくれるよね?利口なよっちゃんなら当然Noとは言わないよね?」

「……絶対ゆるさないんだから!もうリリーなんか絶交よ!!家に行ってリリーの言う通りにするから、もう2度と顔を見せないで!本当に信じていたのに!」
とても悔しそう。信じていた相手に裏切られるって辛いし、腹が立つよね?そして何故か追い詰められた感じがするでしょう?あー可哀想なよっちゃん!まあ虐めている私が同情なんてするはずがないんだけど…むしろ絶壁に追い詰めることができて、心がとてもポカポカして満足しているんだけどね。




「ピンポーン」と玄関のベルが鳴った。
インタホーンを覗くと悲憤の表情を示しているよっちゃんが見えた。どんな表情も丁寧に作り込まれた西洋人形のように綺麗だな。その思いがますます刺激剤となって愛液がドバーッと放出させる。床がベタベタになる。玄関の扉を開ける。

「早く済ませなさいよ」
命令口調で言う。いつもの堕天使モードは一切ONになっていない。心底嫌そうな顔付きと声でパンツを下ろしていく。

「綺麗なおまんこね!綺麗な綺麗な桜色。そしてびらびらも薄くて本当に私好み。さすが美しすぎて天界を追放された堕天使さんね!」
素直な感想を述べる。レズとしての本能がよっちゃんは極上の素材と告げている。

「褒めてるつもり?気持ち悪い」
ゴミを見るような目で見つめてくる。それさえも私にとっては無上のか・い・か・ん♡SにもMにもなれるて人生勝ち組よね?

「ではさっそく頂きます!」
強い匂い。盗んだ下着のそれとは比べ物にならない。うだるような暑さの中移動してきて汗をかいて蒸れた刺激臭と甘い甘い百合のような芳醇な香り。それだけじゃなくて恥じらいと激情のせいで分泌されたであろう女の子のジュースの薫りまで感じ取れる。鼻腔に極上の匂いをきざみつける。そうすると余計にむらむらしてきた。もうこうするしかないよね?

ドン!
私はよっちゃんを床に押し倒した。
逃げられないように腕を思い切り抑えつける。
脚で蹴り上げてくるがそれも絡め取って完全に動きを静止させる。
よっちゃんの表情が恐怖で凍りつく。

「リリー許して!お願い放してよ!」
これから何をされるか想像がついたのか涙目で必死に訴えてくる。あーなんて可愛いんだろう。余計に犯したくなっちゃうじゃん!私はよっちゃんの大事な場所に指を2本ゆっくりと挿入する。よっちゃんは声をあげて泣いている。きっと「初めては愛する人にして欲しかった」と乙女らしいロマンティックな理想を持っていたに違いない。それを崩壊させたという事実が私をさらにぞくぞくさせる。指の動きを激しくさせる。よっちゃんのGスポットを探り当てて、そこを重点的に攻める。指も2本から3本にしてより深くまで突っ込む。するとよっちゃんが顔を蕩けさせたことに気がついた。それに気を良くしてよっちゃんのクリトリスを舐める。表現しようのない快楽に襲われて、耐えられなくなり潮を吹く。

「ねぇよっちゃん?もう素直になったら」
意地悪く質問してみる。いつもは凛々しい堕天使さんを完全に屈服するのを見たいからだ。

「もうリリーの好きにして」
快楽に蕩けきった表情でよっちゃんがなげやりに発言する。

その後はよっちゃんが完全に快楽堕ちして、私の性奴隷になる契約を結ばさせるまでSEXした。本当に充実した時間だった。これからは何度もその時間を楽しめると思うと、不敵な笑みをもらさずにはいられない。生き恥と引き換えに幸せを得たのだから、人生捨てたもんじゃない。