新惑星ベジータ 宮殿

パラガス「んん?見てわからないか?オ⚫︎ニーでございます」シコシコ

ブロリー「オ⚫︎ニーってなんだ?」

パラガス「ゑゑ!?」

パラガス(まさか……ブロリーはオ⚫︎ニーを知らないと言うのか…もしそうだとしたら…)

ブロリー「オ⚫︎ニーについて教えロットォ!」

パラガス「腐☆腐 いいぞぉ!ブロリー!今のお前の学習パワーで、オ⚫︎ニーを習得してしまえぇぇぇぇ!」

ブロリー「はい…」

パラガス「まずはチンポを出すのです!」

ブロリー「チンポってなんだ?」

パラガス「小便を出す…つまり、お前の股間についている突起物でございます」

ブロリー「なにそうだったのか!!」ボロン

パラガス「」

ブロリー「なんだぁ…?」

パラガス(でかっ…)

パラガス「と、とにかく…まずはそれを勃たせるのです!」

ブロリー「勃つ?勃つってなんだ?」

パラガス「勃起…つまり、エッチなことに興奮したときに、チンポが大きくなることを言うのでございます」

ブロリー「えっち?えっちってなんだ?」

パラガス「おとなのおねえさんの裸を見たりしたら興奮するだろう?」

ブロリー「見たことないです…」

パラガス「」



パラガス「…仕方がない、これを見たまえ」

ブロリー「なんだぁ…」

パラガス「エロ画像でございます。よく見ろ!」

ブロリー「???????」

ブロリー「…親父ィ」

パラガス「んん?どうしたのかな?」

ブロリー「女にはチンポがないです…」

パラガス「大人のお姉さんやロリーにはチンポはついてないのでございます。この穴に、俺たち男のチンポを挿入したら、気持ちいいのでございます」

ブロリー「…親父ィ」

パラガス「んん?今度はどうしたのかな?」

ブロリー「この女ども…見てるとムカつきます…血祭りにあげていいかぁ?」

パラガス「無理でございます。二次元には干渉不可なのだからなぁ!」

ブロリー「しょんぼリーです…」シュン



ブロリー「…」イライライライライライライライラ

パラガス「…ぶ、ブロリー」

ブロリー「あぁ!?」

パラガス「ヒェッ…そ、そろそろ夕食でございます。いかがかな?」

ブロリー「…食う」



夕食

ブロリー「ガツガツガツガツガツガツ…」

パラガス「…」

シャモ「食い物もロクにくれねぇんだせ!パラガスなんて、宇宙の悪魔さ!」

パラガス「腐☆腐」ポーヒー

シャモ「ウアッーーーー!!!!」




次の日

ブロリー「親父ィ…オ⚫︎ニーなんて面白くないから、他に面白いこと教えロットォ!!」

パラガス「それでは、人気のキャラクターからお気に入りのキャラクターを見つけるのでもいかがかな?」

ブロリー「…???」

パラガス「これを見たまえ!」



ブロリー「なんだぁ…」

パラガス「エロ画像…ではないが、萌え萌え❤︎可愛い画像でございます☆」

ブロリー「…」

ブロリー「…」

ブロリー「…」

ブロリー「…」

パラガス「どうしたのかな?」

ブロリー「キャラが多すぎてさっぱりわからぬぅ!!!!!」

パラガス「落ち着けぇ!!ま、まずは東方Projectからでもいかがかな?」

ブロリー「とぉぉぉほぉぉぉってなんだ?」

パラガス「人気のキャラクターが非常に多い、有名な作品でございます。二次創作作品も多く作られている、素晴らしい作品でございます。ファンも多く、同人作品でもトップクラスの幅の広さを誇っております」

パラガス「まあ、百聞は一見にしかずというからな。まずは特に有名な紅魔郷から見るといいぞぉ!」

ブロリー「はい…」


ブロリー「これが主人こおおおおのれぇぇぇむですかぁ…」

パラガス「れぇぇぇむじゃなくて、霊夢でございます。博麗霊夢。わかったかな?」

ブロリー「はい…」

ブロリー「しかし、霊夢なんて、おかしな名前です…霊夢と奴隷、合わせて奴霊夢!ふはははは!!面白☆面白」

パラガス「あ、あぁそうだな」

ブロリー「お次は…なにぃ!?なんてやつだ…!!」

パラガス「んん?」

ブロリー「親父ィ…この女、超サイヤ人だぞ!?」

パラガス「この女の子は、サイヤ人じゃなくて普通の人間でございます。髪が金髪なだけで、ブロリー、お前には勿論、私にさえ敵わないのでございます」

ブロリー「なんだぁ…面白くない…」

パラガス「名前は魔理沙。霧雨魔理沙でございます」

ブロリー「どいつもこいつもおかしな名前ばっかリーです…」



ブロリー「こいつはなんだぁ?髪が青くて、背中に変なのが付いてます」

パラガス「チルノでございます。二次創作では、おバカキャラとして描写されることがほとんどです。というか、原作でもお世辞にも頭がよさそうにはみえないからなぁ」

ブロリー「バカキャラ?なんだか可哀想な気もします…」



ブロリー「なんだぁこいつは?」

パラガス「ルーミアでございます。闇を操り、視界を奪うのでございます」

ブロリー「ふん、気を探ればなんてことないです」

パラガス「ブロリー、この世界の住人は基本的に気を探ることができないのでございます」

ブロリー「面白くない…」

ブロリー「それにしてもさっきからガキばっかじゃないか!!つまらん、つまらんぞ親父ィ!」

パラガス「落ち着けぇ!!」



ブロリー「ようやく大人が出てきました」

パラガス「美鈴でございます。二次創作では、居眠りばっかりのキャラクターとして描写されることが多く、その度に咲夜さんに八つ裂きにされている哀れなキャラクターでございます」

ブロリー「なにぃ!?咲夜って奴、悪魔だ…」

ブロリー「…それにしても、胸が大きく主張してる画像が多いです…」

パラガス「…まぁ、萌え萌え❤︎画像集だからな…」



ブロリー「この女が咲夜かぁ?」

パラガス「of course!完全で瀟洒なメイドでございます。二次創作では、お嬢様狂いの変態キャラ、または美鈴お仕置きキャラとして描写されることがほとんどなのだからなぁ!」

ブロリー「…幻想郷には変な奴が多いです…」



ブロリー「だれだぁ?このガキはぁ?」

パラガス「腐☆腐 ついに来た、東方Projectの中でも特に知られているであろうキャラクター…

レミリア・スカーレットでございます!」

ブロリー「ガキじゃん」

ブロリー「見るからに弱そうです」

パラガス「そ、それは…」

ブロリー「それに、情け無いポーズが多いです」

パラガス「い、いや、レミリアは紅魔館の当主で」

ブロリー「こんなのが当主とは、よくやっていけるな紅魔館。ちょっと尊敬します。よほど咲夜って奴が有能なんだな」

パラガス「いや、原作ではカリスマ溢れる立派な」

ブロリー「見る限り親父ィの言う二次創作関連の画像ばっかで、これじゃぁ初めて見た人が「あ、レミリアってこんなキャラなんだ」と印象付けられるのではないですか?」

パラガス「」

パラガス「と、とにかく…次のキャラに」

ブロリー「…はい」



ブロリー「こいつも変わった髪の色をしているなぁ…紫色です」

パラガス「パチュリー・ノーレッジ。二次創作では、本の虫として描写されることが多いぞぉ!」

ブロリー「本を読んでいるのなら、頭いいんだろうなぁ…ふふふっ☆」

パラガス「最後のキャラは、ブロリーがきっと気にいるはずです!」

ブロリー「ほう、では見させてもらおうか。そのキャラとやらをな!!」






ブロリー「」

パラガス「腐☆腐」

ブロリー「」

パラガス「…んん?」

ブロリー「…親父ィ」

パラガス「どうしたのかな?あまりの可愛さにおかしくなってしまったのかな?」

カシューン…

パラガス「ゑ」

ブロリー「死ね」

ブロリー「うううおおおおおおああああああああ!!!!!」

メキャガシャバキバキ!!

パラガス「ぐぅううおおおっぐおっおおう!!自分の子供に殺されるとは、これもパラガスの定めか…」




パラガス復活

パラガス「はぁ…はぁ…はぁ…」

ブロリー「チッ、まだ生きていたのか!」

パラガス「お、落ち着けぇ!何が気に入らないのだ!」

ブロリー「ガキです」

パラガス「」

ブロリー「それに吸血鬼らしいし、見た目は子供、年はババァ」

パラガス「」

ブロリー「それにぶりっ子ぶってるのが頭にきます」

パラガス「」

ブロリー「はっきり言います…


見ていて気分が悪くなります。みているこっちが恥ずかしいです」

パラガス「」