ブロリー「はぁ…」

パラガス「さ、さて、次こそは!」

二人は閲覧を続けていった。

ブロリー「早苗可愛い!」

パラガス「神奈子様、大人のお姉さんいいね☆」

ブロリー「幽々子可愛い!」

パラガス「ゆかりん、大人のお姉さんいいね☆」

そしてーーー。

ブロリー「…親父ィ、この頭に弁当箱乗っけたやつは?」

パラガス「ああ、慧音さんでございます」

ブロリー「」

パラガス「…?」

ブロリー「…美しい」

パラガス「ファッ!?∑(゚Д゚)」

ブロリー「慧音…美しい…」

パラガス「…」

パラガス(まさか、このようなことになるとは…予想外でございます。
確かに慧音さんは大人のお姉さんの中でも美しいが、まさかブロリーが惚れ込むとは思いも寄らなかった…)

ブロリー「親父ィ、慧音を見ていると股間がむずむずします…」

パラガス「ファッ!?」

ブロリー「はぁ…はぁ…はぁ…可愛い…」

パラガス「こんな形で覚えることになるとは…」

ブロリー「親父!!慧音のエロ画像もってこい!!もってこなけりゃ血祭りだ!!」

パラガス「わ、わかったぞぉ!」




ブロリー「はぁ…はぁ…はぁ…///」シコシコ

パラガス「…まあ、ブロリーが幸せそうで何よりだ。親としては、やはり子の幸せが一番なのだからな」

ベジータ「よう、パラガスさんよ」

パラガス「ベジータ王〜!!」

ベジータ「そこのブロリーはなにをしてやがるんだ?」

パラガス「オ⚫︎ニーでございます」

ベジータ「ほお?血祭りと破壊しか能が無い猿野郎が、新たな知識を得たか?」

ブロリー「はぁ…はぁ…慧音…」シコシコ

ベジータ「さて、どんなやつで抜いているのかこのベジータ様が今見て…」

ベジータ「…」

ベジータ「…」フルフル

ベジータ「ふざけるなぁ!!!!!!」

ブロリー「うん?なんだぁ…ってクズか」

ベジータ「貴様…そんな年増で抜くというのか!!!?!???!!!??」

ブロリー「…あ?」

ベジータ「ロリこそ至高!!!レミちゃんとフランちゃんこそNo. 1なのだ!!」

ブロリー「…いってくれるなァクズのくせに…」

ベジータ「ふんっ、慧音などというババァで抜く貴様にはわからんさ、この気分はな」

ブロリー「ケッ、フランなどというガキで抜く貴様にはわからんだろ、この気分はな」

ベジータ「貴様!!!!!覚悟はできているな!!!?!!?」

ブロリー「ふん、かかってこい!貴様を血祭りにあげた後、幼女性的虐待者として銀河パトロールに突き出してやる!!」

ベジータ「いってくれるじゃねぇか、脳筋のくせによぉ」

ブロリー「そっちこそ、親父よりチビでMハゲでロリコンのくせによ」

ベジータ「表に出ろ!!ぶっ殺してやる!!!!!」

ブロリー「殺してみろよ、クズが。できもしないことを言って、見栄を張るんじゃない」

ベジータ「ビッグバンアタック!!!!!!!!」

チュドォォォォォォォォンンンンンン!!!!!!!!