絵里「それで海未、話って?」

海未「実は絵里にお願いがあるのです」

絵里「なに?」

海未「今日から絵里のことを絵里お姉さまと呼んでいいでしょうか?」

絵里「急にどうしたの?」

海未「絵里には可愛い妹がいますよね」

絵里「ええ、亜里沙ね」

海未「その亜里沙に恋をしてしまったのです」

絵里「認められないわぁ!」

海未「何故なのです!?」

絵里「いい、亜里沙は中学生なのよ」

海未「それがなんだと言うのです」

絵里「認められるわけないでしょ!」

海未「絵里、学年にとらわれてはいけませんよ」

海未「確かに亜里沙は中学生で私は高校生です」

海未「しかし!年の差は2つしか無いのです!」

絵里「海未ってそんなキャラだったっけ…?」

海未「恋は人を盲目にするのです」

絵里「それを自分で言う?」

海未「自覚はありますから」

絵里「それでどうして私をお姉さまって呼ぶの?」

海未「まずは外堀から埋めていこうかと」

絵里「こういうこと言いたくないけど、亜里沙って海未のこと好きなんじゃないの?」

海未「雪穂に聞いてみたら亜里沙の私への好きは恋愛感情でなく憧れとしての好きだそうです…」

絵里「まあ、普通そうよね」

海未「というわけでどうでしょうか?」

絵里「どうって?」

海未「絵里お姉さまと呼んでいいかという話です」

絵里「駄目に決まってるじゃない」

絵里「というか、外堀とか埋めずに亜里沙にアタックすれば良いじゃない」

海未「出来たらこんなこと言ってません」

絵里「ああ、へたr…」

海未「言わないでください」

絵里「……」

海未「それでさっきの話に戻るのです」

絵里「何回頼まれても答えは同じよ」

海未「しょうがないですね、それならば力ずくでも…」

絵里「なにをする気?」

海未「特になにもしませんよ、絵里お姉さま」

絵里「そうきたか…」

海未「どうしましたか?絵里お姉さま」

絵里「はあ…なんでもないわ」

海未「絵里お姉さま、もう遅いですしそろそろ行きましょう」

絵里「行くってどこへ?」

海未「私たちの家に決まってるじゃないですか」

絵里「その言い方だと私と海未が付き合ってるように聞こえるわよ」

海未「誰も聞いてないから良いのです」

絵里「それでどうして着いてきてるのかしら?」

海未「だから私たちの家に行こうと言ったはずですが」

絵里「あなたと私の家は別よ」

海未「何を言ってるのですか、絵里お姉さまは」

海未「姉妹なんですから同じ家に帰るのは決まってるじゃないですか」

絵里「姉妹になった覚えはないわ」

海未「絵里お姉さまは強情ですね」

絵里「今のあなたを亜里沙に会わせるわけにはいかないもの」

海未「絵里お姉さまは心配しすぎです」

海未「私が亜里沙に何か出来るわけないじゃないですか」

絵里「それもそうね」

海未「分かっていただけたのなら行きましょうか」

絵里「今日の海未はなかなかにウザいわね」

海未「亜里沙のためです」

絵里「亜里沙と話すときもそんな感じなの?」

海未「まさか、μ'sのみんなといるときと同じですよ」

絵里「じゃあなんで今はこんなにウザいのよ」

海未「絵里お姉さまはどんな私でも受け入れてくれると信じてますので」ニコッ

絵里(どうしよう…うかつにもドキッとしちゃった…)

絵里「ふ、ふーん」

海未「確か絵里お姉さまの家はこの辺りでしたよね?」

絵里「ええ」

海未「では急いで行きましょうか」

絵里「なんで急ぐの?」

海未「亜里沙に早く会いたいからです」

絵里「亜里沙に変なことしたら許さないから」

海未「だから何もしないと言ってるじゃないですか」

絵里「まあその言葉を信じてるわ」

海未「むぅ」

海未「あっ、着きましたね」

絵里「……そうね」

海未「どうしたんですか?」

絵里「ねえ、やっぱり海未の家に行かない?」

海未「急にどうしたんです?」

絵里「本能的にあなたを亜里沙に会わせたら駄目なような気がするの」

海未「私はそんなに信用ないですか?」

絵里「あなたの今までの行動のどこに信用が感じられるのかしら」

亜里沙「お姉ちゃんそんなところでなにして…って海未さん!?」

絵里「あら、亜里沙お帰り」

海未「こんにちは、亜里沙」

亜里沙「お姉ちゃん達は家の前で何してたの?」

海未「実は絵里お姉さまが家にいれてくれないのです」

亜里沙「お、お姉さま?」

亜里沙「もしかしてこれが噂の姉妹百合!!」キラキラ

絵里「あ、亜里沙その言葉をどこで?」

亜里沙「ユキホの漫画で覚えた!」

絵里「雪穂ちゃんってそういうの読むんだ…」

海未「多分それはことりが穂乃果にあげたやつだと思いますよ」

絵里「ことりが?」

海未「ええ、穂乃果をこちら側に引き込んでやるって意気込んでましたよ」

亜里沙「こちら側ってことはお姉ちゃんと海未さんはやっぱりそういう関係だったんですね!」

海未「いえ、私と絵里お姉さまはそういう関係では」

絵里「そうよ亜里沙」

亜里沙「またまたー、あっそうだ、まだ用事が残ってたんだった」

亜里沙「じゃあ2人で楽しんでねー」

絵里「行っちゃった…」

海未「完全に誤解されましたね」

海未「それにしても用事ってなんでしょうか?凄く棒読みでしたけど」

絵里「多分私と海未を2人にしようとしただけじゃないかしら」

海未「亜里沙の誤解を解くのは一筋縄ではいかなそうですね」

絵里「自業自得よ」

海未「それより私たちはいつまで外で話してるんですか?そろそろ寒くなってきたんですが」

絵里「それもそうね」ガチャ

海未「お邪魔します」

絵里「自然に入ってきたわね」

海未「もともとそういう話だったではないですか」

絵里「そういやそうだったわね」

絵里「それでどうするの?」

海未「絵里は何かしたいことありますか?」

絵里「あれっ、呼び方戻したの?」

海未「この呼び方で誤解を招いてしまったので戻す他無いかと」

絵里「懸命な判断ね」

海未「それで絵里はしたいことありますか?」

絵里「そうねぇ…海未の話とかかしら?」

海未「はい!?私のですか?」

絵里「ええ、あまり海未と2人きりになることはないから海未のことを良くは知らないのよね」

海未「なるほど、そういうことですか」

絵里「海未の趣味ってなに?」

海未「ええと、書道ですかね」

海未「書は心を表しますし自分の心とも向き合えますよ」

絵里「海未らしい趣味ね」

海未「絵里の趣味はなんですか?」

絵里「うーん、アクセサリー作りかな」

海未「それは意外ですね」

絵里「そうかしら?」

海未「絵里はお洒落ですしショッピングが趣味なのかと思ってました」

絵里(さりげなく褒めてくるわね海未は//)

絵里「まあショッピングも好きではあるけどね」

海未「それなら今度一緒に行きませんか?」

絵里「私と?亜里沙は連れていかないわよ?」

海未「構いませんよ、私も絵里と2人きりで行きたかったですし」

絵里(天然たらしってこういう人を言うのね、さっきからドキドキさせられっぱなしじゃない//)

絵里「わ、私と行ってもそんなに楽しくないわよ」

海未「いえ、絵里と一緒だったらどんなことでも楽しいですよ」ニコッ

絵里「海未!」バンッ

海未「え、絵里?そ、その顔が近いです…//」

絵里「海未が悪いのよ」

海未「へっ?って…んんっ」チュッ

亜里沙「ただい…ま…」バサッ

絵里「あああ亜里沙!?どうして!?」

亜里沙「どうしてって今買い物から帰ってきたんだもん」

絵里「買い物?」

亜里沙「用事が残ってたって言ったじゃん」

絵里「あれって本当のことだったのね」

亜里沙「それでお姉ちゃん達はなにしてたの?」

海未「な、なにもしてませんよ!//」

亜里沙「海未さん顔真っ赤ですよ」ニヤニヤ

海未「うっ、それは…」

亜里沙「なんか私お邪魔みたいだしユキホのところ行ってくるね!」

絵里「あっ、ちょっと亜里沙!」

絵里「行っちゃった」

海未「絵里は一体どういうつもりなんですか?」

絵里「海未が悪いのよ」

海未「さっきもそんなこと言ってましたけどどういう意味ですか?」

絵里「海未の発言がいちいち格好いいから惚れちゃったじゃない!//」

海未「えええええ!!//」

絵里「だからその…責任取ってよね//」

海未「い、いやでも私には亜里沙という心に決めた人が…んんっ」チュッ

絵里「これでも駄目かしら?」

海未「だ、だから私には亜里沙という…んんっ」チュッ

絵里「海未が私に惚れてくれるまで私はずっと海未にキスし続けるわよ」

海未「こんなのいつもの絵里とは違います//」

絵里「あなたが言ったじゃない」

絵里「恋は人を盲目にするって」ニコッ