絵里「……お泊まり会?」

穂乃果「うんっ、だめかな?実はいまさ、お父さんもお母さんも雪穂も旅行に行ってて…一人でさみしいんだー」

絵里「そうなの……ええ、私でよかったら」

穂乃果「わーい!」

穂乃果「それじゃ、夜、待ってるね!」

〜〜〜
ピンポーン

穂乃果「はーい!絵里ちゃん、待ってたよ!」

絵里「お待たせ」

穂乃果「上がって上がっテ!」

絵里「ええ、お邪魔します」


絵里「それにしても、穂乃果だけ置いていかれたのね。可哀想に」

穂乃果「うーん、ま、いいけどさ」

穂乃果「こうして絵里ちゃんも来てくれたしね!」

絵里「そう言ってくれると嬉しいわ」

穂乃果「へへへ。じゃ、ちょっとまってて、実はもうご飯作ってるんだー」

絵里「そうなの?穂乃果がつくったの?」

穂乃果「がんばりましたっ」


絵里「ごちそうさま……美味しかったわ、ありがとう」

穂乃果「えへへ」

穂乃果「お風呂はいろ!」

絵里「一緒に?」

穂乃果「うんっ!」

〜〜〜

絵里「……あら?穂乃果、その手、どうしたの?」

穂乃果「ん?あれ、擦りむいたかな」

絵里「もう、気をつけてね」

穂乃果「うんっ」


絵里「穂乃果はぷにぷにね〜」

穂乃果「あ、やーん、やめてよ〜」

絵里「ふふふ」

穂乃果「絵里ちゃんはすべすべだね〜」

穂乃果「美味しそう!はぷっ!」

絵里「ひゃっ!?ちょ、ちょっと!」

穂乃果「おっぱい〜」ハムハム

絵里「ちょ、悪ふざけがすぎるわよ〜……」ゴゴゴゴ

ガリッ

絵里「!?いっ……!」

絵里「やめて!」

穂乃果「あふんっ」

絵里「いたた……歯形が……」

穂乃果「………」ペロッ

〜〜〜

絵里「じゃあそろそろ寝ましょう?」

穂乃果「そうだねー、ふぁァ……」

絵里「おやすみ」

穂乃果「おやすみー」

ーーー

絵里「……う、ううん」

絵里「……トイレ」


絵里「……」トコトコトコ

絵里「……?」クンクン

絵里「……なんの臭いかしら、これ…」

絵里「……厨房から?」

ーーー

絵里「……うわ、臭い…なに、これ……腐ってるみたいな……」

絵里「……やっぱりトイレ行って、すぐに戻ろ……」

コツン

絵里「ん?なにか足元に……」

そこには。
切断された右腕が落ちていた。

絵里「……ッ!?」

絵里「い、いやっ……!!」

絵里(なに?あれはなに!?……なんで、穂乃果の家の厨房に、あんなのが……!?)

絵里「…………」ゴクリッ

絵里「冷蔵庫からも……変な臭いが溢れてる……けど、まさか…………」

穂乃果『お父さんもお母さんも雪穂もいないんだー』

絵里「……!」カパッ

(雪穂の頭だけが冷凍されていた)

絵里「き、きゃあああああああああああああああ!?」

絵里「あ、あぁあぁぁあああ…………」ガタガタガタ

絵里「け、警察――」







穂乃果「なにしてんの」

絵里「っ!!!」


続く