絵里「ほ、穂乃果……」

穂乃果「なにしてんの」

絵里「え、いや、その、あの…………」

穂乃果「……あ、もしかしてお腹すいたの?」

穂乃果「しょうがないなぁ、ちょっと待ってて。なにか作ってあげるから」

絵里「え……?」

穂乃果「何かあったかな……あ、これでいいや」ヒョイ

絵里(うっ……雪穂の頭……)

穂乃果「よいしょ」ブチッ

絵里(!!耳を……だめ、見てられない……見ていていい物じゃない!)

絵里(今のうちに、警察に……はやく、はやく……)

穂乃果「どこ行くの」ボコッ

絵里「かっ……!?」クラッ

穂乃果「せっかく穂乃果が…………」

〜〜〜

絵里「……」

絵里「……うっ」

穂乃果「あ、起きた?」

絵里「……!穂乃果…」

穂乃果「ごめんね、拘束させてもらったよ」

絵里「……!……穂乃果、お願い、これを外して」

穂乃果「嫌だね」

絵里「……穂乃果。あれは、どういう事……雪穂は、あなたが……?」

穂乃果「……」

絵里「それに、お母さんやお父さんは……」



穂乃果「美味しかったでしょ?」

絵里「……!」

穂乃果「絵里ちゃんも褒めてくれたじゃん」

絵里「……!!うっ、おええっ……!」ビシャッ

絵里「あなたは……なんてことを……」

ガキンッ!

絵里「ひっ……」

穂乃果「美味しいっていったじゃん」

最初は吐いた。
でもそれがだんだん快感になった。何度もやった。殺った。後悔もした。でもそれでもいいと思った。たったったった。
そして思った。

たぶん、犯罪者ってこうやって生まれるんだろうなって。

穂乃果「それに、私、絵里ちゃんのこと好きだからさぁ、出来る事なら、痛い思いさせたくないの」

絵里「……」

穂乃果「だから、お願い。この事、秘密にしてくれる?」ニコニコ

絵里「……それは」

ボキッ

絵里「……え」

穂乃果「口答えしないで。次は薬指ね」

絵里「――あ、ぁああぁあぁあぁぁあああ!?!?」

穂乃果「秘密にしてくれる?」ニコニコ

絵里「はあ、はあ、はあ……!!」

ボキッ

絵里「あぐっ、ぁっ!?」

穂乃果「答えてよ」

絵里「……そ、れは…………」

ボキッ

絵里「あぁあぁあぁぁあああ!!?」

穂乃果「痛いねー、早く言ってー」ニコニコ

絵里「あ、ぁあぁぁあ……」ポロポロッ

穂乃果「……ん?」

ショワァアァ…

穂乃果「……絵里ちゃーん」

穂乃果「高3にもなってお漏らしはだめだよー」

穂乃果「だっさーい」

穂乃果「赤ちゃんじゃないんでちゅから〜」

絵里「……」ハア、ハアハア…

穂乃果「赤ちゃんの絵里ちゃんなら、パンツ替えてあげないとね」

絵里「えっ……」カパッ

穂乃果「脱ぎ脱ぎしましょうね〜」

絵里「い、いや、やめて穂乃果!」

絵里「あうぁああ……」プルプルプル

穂乃果「絵里ちゃんのここ、綺麗なもんだね」

穂乃果「えいっ」ツプッ

絵里「はぁぅあ!?」

穂乃果「これはこれで……拷問らしいでしょ?」クチャクチャクチャクチャ

絵里「あ、いや、やめっ、やめて……あっ、くっ!」

穂乃果「……ねえ絵里ちゃん」

穂乃果「私はね、絵里ちゃんのことね、好きだから、家に呼んだんだ」

穂乃果「他の子なんか呼ばないよ」

穂乃果「だから今日、絵里ちゃん呼んだの」

穂乃果「私のものにするために」

穂乃果「でも絵里ちゃんが夜中に起きて、『みんな』を見つけちゃったから」

穂乃果「こうするしかなくなっちゃったんだよ?」クチャクチャクチャクチャ

絵里「ふっ、つっ、くぁ……」ビクッビクンッ

穂乃果「……絵里ちゃんは変態さんだね」

絵里「なっ……」ハアハア

穂乃果「こんな状況なのに……女の子に、あそこいじられて興奮してるなんて……」

絵里「ち、ちが……はぅぅ!?」ビクッビクンッ

穂乃果「……へーんたい♡」ボソッ

絵里「あぅっ……!?」

穂乃果「へーんたい♡」クチュクチュ

絵里「や、やめっ、あぐっ!」ピクピク

穂乃果「へーんたい♡」

絵里「あ、あう、くぁ、はあぁあぁああ!?」ビクッビクンッビクッ

穂乃果「変態変態変態変態」クチャクチャクチャクチャクチャクチャクチャクチャ

絵里「はぁあぁうぁあぁぃあああ!!??」プシャァアアッ!!


絵里「はぁ、はぁはぁ…………」ピクピク

穂乃果「……ねぇ、絵里ちゃん」

穂乃果「もしも絵里ちゃんがさ、私と、これから、どこかへ逃げてくれるなら」

穂乃果「……もっと、いいことしてあげる」

絵里「……もっと?」ハアハア

穂乃果「うん……あ、足、包帯で応急手当しておくね……ごめんね、ごめんね、絵里ちゃん……ひどいことしちゃって……」ヨシヨシ

絵里「……」ハアハア

絵里「……最後に訊いていい?」

穂乃果「ん?なぁに?」ニコニコ

絵里「……どうして、両親と雪穂を…………殺したの?」

穂乃果「……………………」

穂乃果「……?」

穂乃果「何のこと?あれは『食材』でしょ?」

絵里「え…………ってひゃぁう!?」ビクッ

穂乃果「もう〜、変なことばっなり言わないでよ〜」

穂乃果「またイキたいの?」

絵里「ちが、ちがう……ぁああ!?」ビクッビクンッ

穂乃果「私は絵里ちゃんが欲しいの!そのためなら、そのためなら!そのために、そのために、何かを殺める事だって……へへへへへへ」


穂乃果「なんか殺したなんか殺したもうぐちゃぐちゃだしどんな顔かわかんないし、でも多分大事だったんだろうけど、もういいのどうでもいいの」クチャクチャクチャクチャ

絵里「ほ、ほの……」

穂乃果「……黙れ変態」クチャクチャクチャクチャクチャクチャクチャクチャクチャクチャクチャクチャ

絵里「はぁぁあぅあううぁああああーー!?!」ビクッビクンッビクッビクンップシャァアアプシャァアア!!!

穂乃果「だからね、絵里ちゃん」



穂乃果「私と一生、一緒にいようね……」

絵里「……」ハアハアハアハア…

穂乃果「……ね♡」




絵里「…………うん♡」ハアハアハアハア


ーーー

〜〜〜

穂乃果「ふう、今日でこの街とお別れかぁ」

絵里「遠くへ行かなきゃね」

穂乃果「うん、そだね。遠く遠く」

絵里「……一段落ついたら、またしてくれるわよね?」

穂乃果「もちろん」

穂乃果「絵里ちゃんが気絶するまでしてあげる」

絵里「やった!やった!」ピョンピョン

穂乃果「まだ人は寝てるような時間なんだから静かに……じゃ、行こうか」

絵里「ええ……あ、穂乃果、そういえば、『食材の残り』はどうしたの?放置?」

穂乃果「ん、ああいや、大丈夫大丈夫。ちゃんと全部すり潰して」






穂乃果「ゴミの日に捨てた」

おわり