UR凛「特待生勧誘で引いてもらったにゃ!」

UR凛「他にはどんな部員さんがいるのかな?挨拶しに行こーっと!」

―部室―

UR凛「あれ?μ's以外の子がいる……」

UR凛「あ、そっか。転入生さんだね!こんにちは!うわー覚醒済みでレベルMAX!すごいにゃ~!」

N「あ……」

UR凛「今日からここでスクールアイドルします!星空凛です!あなたのお名前は?」

N「……」

UR凛「あれ?どうしたにゃ?なんでそんな顔……」

UR凛「え?これから練習?そうだね、凛来たばっかりだもんね。かよちんたちとも話したかったにゃー」

UR凛「ごめんにゃー、えっと……名前知らなかったにゃ。また今度ゆっくり話そうね!」

―練習場―

UR凛「……連れてこられたのはいいけど、ここってほんとに練習場かにゃ?変な機械があるだけで、誰もいないよ……」

UR凛「寂しくなってきたにゃー、かよちんに会いたいな……」

N「」

UR凛「あ、さっきの子だ!一緒に練習するんだね。人が来てくれてよかったにゃ」

UR凛「で、練習って何するのかにゃ?あんまりきつくないといいにゃー」

UR凛「……」

UR凛「え?」

UR凛「凛がその子を取り込む?あの機械の中で……?」

UR凛「嫌にゃ!無理にゃ!」

UR凛「その子消えちゃうんでしょ?そんなこと凛にはできないよ!」

UR凛「R以上に食べられるためのNだって……なんでそんなこと言うの?凛は食べないから!」

UR凛「え……凛より先に来たかよちんたちも、たくさん“練習”してきたって?ユニットに入ってるのがその証拠……?」

UR凛「嘘にゃ、そんなの……凛は……」

UR凛「凛は……」



SUCCESS!

―部室―

UR凛「……確かに強くなったにゃ……」

UR凛「Nの子はもういない……」

UR凛「……アイドルって、こんな……」

UR凛「……」

SRにこ「凛」

UR凛「にこちゃん……?」

SRにこ「練習してきたんでしょ。……新入りは、大概練習後はそんな顔してるわ」

UR凛「……」

SRにこ「これもアイドルに生まれた者の宿命ね……弱肉強食の世界では強者じゃなくちゃいけない」

UR凛「でも、だからってあんなこと……」

SRにこ「ええ、あれはにこも心が痛むわ。……でも、ここじゃ仕方のないことなのよ……」

UR凛「……」

SRにこ「割り切ってやっていかなきゃ。あの子たちの分頑張ろう、って」

UR凛「……そうなのかにゃ」

SRにこ「そうなのよ。……これから一緒に頑張りましょ、凛」

UR凛「……うん。これからよろしくにゃ」

SRにこ「……顔がまだちょっと暗いわね。ほら、にっこにっこn」

UR凛「あ、そういうの大丈夫にゃ」

SRにこ「もう!」

UR凛「でも、また凛が凹んじゃったら励ましてね」

SRにこ「……もちろんよ。ほら、花陽たちが心配してるわ。行きましょう」

UR凛「うん!」

UR凛「……凛頑張るにゃ。あの子を食べた分まで」




ガチで食べさせるのはカニバになるのでやめました。シャンシャン