ーーーとある山にて


凛「あー、ラーメン美味かったにゃー」

希「お粗末さまでした」

海未「とても美味しかったですね」

希「たまには、こういうのもいいね」

海未「二人とも、今夜はしっかり寝るんですよ?」

海未「私達は、山頂アタックに来てるんですからね」

凛「わかってるにゃー」ゴロン 

希「まあまあ、海未ちゃん」

希「今日はμ'sじゃなくてリリホワとして来てるんやから、のんびりしてもええんやない?」

海未「まあ、そうですが」

凛「そうだ!じゃあさ」

凛「ちょっとだけお喋りしない?」

希「お、ええやん」

海未「ちょっとだけですよ?明日は朝早いんですから」

凛「了解にゃー」

希「じゃあ、お題は何にする?」

海未「皆の思い出話とかどうですか?」

希「うーん」

凛「あ、じゃあさ」

凛「皆の『かわいい』って思ったエピソードを話してくのはどう?」

希「可愛いって言っても、色んな可愛さがあるよ」

凛「なんかね、上手く説明できないんだけど」

凛「『あ、これ可愛い!』ってなるような場面ってあるじゃん」

希「あー、あるある」

海未「ありますね」

海未「それはメンバーに限った話ですか?」

凛「別にメンバーじゃなくてもいいにゃ、例えばアルパカとか」

希「なるほど、白米は最高的なアレやね」

海未「ちょっとよく分からないです」

凛「まあ、とりあえず始めるにゃ!まずは凛からね」

希「おー、ええよええよ」

海未「期待しますね」

凛「あれはね、凛とかよちんが中学生だった頃…」

ーーーーー


凛「今日の給食も美味いにゃー!」

花陽「凛ちゃん、女の子なんだから『美味い』じゃなくて『美味しい』って言わなきゃだめだよ」

凛「はーい」

凛「ってかよちん、ご飯ないよ?もらいわすれたの?」

花陽「んん。そうじゃなくて…」

凛(あ)

凛(かよちん、ほっぺにご飯つぶ付いてる)

凛(って事はもう食べたの⁉︎はやっ!)

凛(ははあ、なるほど)

凛「あー凛、ご飯食べたくなってきたな。お代わりしよー!」

花陽「あーー!…んんっ!なんでもないよ」

-暫くして-

凛「凛ご飯取りすぎちゃったよ。かよちん、いる?」

花陽「ええっ?いいの!…んーでも、これは凛ちゃんがもらったやつだし」

凛「凛はもう食べられないよー」

花陽「…わかった、じゃあ食べるね!」ガバッ

凛(は、はやい)

ーーーー



凛「っていう話だよ」

希「かわいい」

海未「かわいいですね」

希「要するに、花陽ちゃんはご飯をお代わりしたかった。でも周りの目があるから、あまり積極的には行けなかったってことやね」

海未「口元のご飯粒がポイント高いですね」

凛「ちなみに、これの次の日から普通にお代わりし始めたよ」

希「花陽ちゃんの何かが吹っ切れたんやね」

海未「それで、今の花陽があるのですね」

凛「凛はそんなかよちんも大好きにゃ」


ーーー
希「んーじゃあ次は、ウチ!」

海未「次は希ですか。誰の話です?」

希「ウチはえりちの話をするよ。といっても、凛ちゃんみたいに昔の話じゃなくて、最近会ったことだけど」

凛「最近?」

希「うん、つい先週」

ーーーーー

絵里「希、これバレンタインのお返し。あんまり作ってないから、皆には内緒よ?」

希「ありがと、えりち。はいこれ、ウチから」

絵里「これじゃあ、お返しにお返ししてるみたいね」

希「確かにそうかもしれないな」

絵里「一応メッセージカードもいれておいたから、後で見て欲しいわ。今じゃなくて」

希「おっけー。わかった」

ーその日の夜ー

希「んー、えりちからもらったお菓子でも食べようかな」

希「確かメッセージカードがあるって言ってたね、楽しみや」

希「どれどれ…」ペリ


『いつも私が忙しい時、家事を手伝ってくれてありがとう。オトノキに入学して活躍する事を楽しみにしています。』


希「???」

希「なんか間違えてない???」

ブ-

希「あれ、携帯が鳴ってる…ってえりちからや」
ピッ

希「もしもし?」

「もしもし希?大変!あなたに渡したお菓子、亜里沙のだったわ!」

希「」


ーーーーー

希「てな訳で、えりちはお返しのチョコを全て違う人に渡してたみたい」

希「メッセージカードを入れた分だけ大変になったってことやね」

凛「かわいいにゃ」

海未「流石絵里ですね」

凛「でもなんで、そんな事になったの?」

海未「それは気になりますね」

希「あーそれがね」

希「渡す人の順番は決めてあったんだけど、袋に入れる時に一個入れ忘れてたみたい」

希「だから、最後に渡す亜里沙ちゃんの分がなくなったみたい」

海未「なんか悲しいですね」

凛「そういうのは気をつけるようにするにゃ」

ーーー

海未「さて、最後は私ですか」

希「おー期待!」

凛「海未ちゃんは穂乃果ちゃんの話?」

海未「いえ。穂乃果のエピソードは大量にありすぎるので、ここはことりで行こうかと」

希「ことりちゃんかー」

凛「ことりちゃん、たまに天然が出て可愛いにゃー」

海未「そうですね、あれは確か…」

ーーー
デ.アルカラシテ…

海未(今日の数学、いつもより難しいですね)

海未(ここはしっかり話を聞いていないと授業についていけなくなるのでは)

海未(あー穂乃果、また寝てますね。仕方ないですが、隣のことりにサインを送って起こしてもらいましょう)

海未(…ってあれ、ことりも寝てません⁉︎珍しいですね…)


海未(きっと夜遅くまで衣装作りに励んでいたのでしょうか。流石はことりです)

オ-イミナミ.コココタエテミロ

海未(あちゃー、先生に見つかってしまいましたね)

海未(これなら流石にことりも起きるはず…)


ことり「あ!大変遅刻!おかーさん、何で起こしてくれなかったの⁉︎」ガバッ!! 

海未(????)

ことり「ことり、ちゃんと準備してたんだよ⁉︎」

海未(準備って何の準備ですか!!!)

ことり「…ってあれ」

ことり「失礼しました…/////」



海未(可愛い)


穂乃果「ぐー」


ーーーー


海未「てな訳で、寝起き特有の謎言語を派手に披露したわけですね」

希「かわいい」

凛「かわいいにゃ」

希「そんな事もあるんやね」


海未「凛は勿論、授業中に寝たりしてませんよね?」ギロリ


凛「あ、もうこんな時間!もう寝なきゃだよ!!!」

希(上手くごまかした)

海未「あ、ほんとですね」


海未「それじゃあ、明日の山頂アタックに備えて寝ましょう。明日は4時起床ですよ」


凛「4時!!!!???早いにゃ、あんまりだにゃ!!!」

海未「山に来ているので、当然です」

凛「ふにゃー…」バタン 

海未「それじゃあ、おやすみなさい」

希「おやすみ」

凛「お休みにゃ」













希(たのしい)

凛(たのしいにゃ)

海未(たのしいですね)


海未(明日は、起床時間を少し遅めますか)



おわり