亜里沙「真姫さん達もあと数時間もすれば卒業か・・・」

亜里沙「音楽室に来てはみたけどやっぱり真姫さんいないなぁ・・・」

真姫「呼んだ?」

亜里沙「ひゃっ!?ま、真姫さん!?どうしてここに!?」

真姫「それはこっちの台詞よ、雪穂ちゃんの手伝いはしなくていいの?」

亜里沙「はい、もう昨日のうちに準備は終わらせましたので」

真姫「ふふっ、穂乃果と違って雪穂ちゃんは優秀ね」

亜里沙「私の自慢の親友ですから!」

真姫「それで、どうしてここに来たの?」

亜里沙「あぅ・・・、やっぱり聞かれるんですね・・・」

真姫「そりゃそうでしょ」

亜里沙「・・・・・・からです」ボソッ

真姫「えっ?ごめん聞こえなかったんだけど」

亜里沙「真姫さんに会いたかったからです///」

真姫「なんで私に?あぁ、もしかして全員に会いに行ってるの?」

亜里沙「違います!私が会ったのは真姫さんだけです!」

真姫「へ?私だけ?」

亜里沙「」コクリ

真姫「そう、私に用でもあるの?」

亜里沙「」コクリ

真姫「なに?」

亜里沙「私、最後に真姫さんのピアノが聞きたいです」

真姫「ピアノ?別にいいわよ」

真姫「元々私もピアノ弾きに来たんだし」

亜里沙「本当ですか!じゃあSTART:DASH!!でお願いします!」

真姫「こういう時って普通バラードなんじゃないの?」

亜里沙「でもやっぱり私にとってμ'sと言ったらこの曲なので」

真姫「どうして?」

亜里沙「この曲はμ'sのファーストライブの曲ですし、μ'sが再スタートをした時の曲でもあるので一番好きなんです!」

真姫「そこまで思ってくれてるのならこの曲にしましょうか」

タラタンタタ-ン♪ タンタタ-ン♪ タタン♪ タ-ン♪

真姫「うぶ毛の小鳥たちも」

真姫「いつか空に羽ばたく」

真姫「大きな強い翼で飛ぶ」

亜里沙(やっぱり真姫さんは歌声もピアノも綺麗だなぁ)

亜里沙(それに、ピアノを弾いてる真姫さんも大人っぽくてかっこいい)

亜里沙(やっぱり私、真姫さんのこと・・・)

真姫「亜里沙ちゃん?」

亜里沙「へ?あれ?どうしたんですか?」

真姫「どうしたもなにも弾き終わったわよ」

真姫「もしかして・・・寝てた?」

亜里沙「違います違います!ただ真姫さんに見とれてただけで!ってそれも違くて!」

真姫「とりあえず落ち着いて」

亜里沙「はい・・・」

真姫「落ち着いた?」

亜里沙「はい」

真姫「それで、亜里沙ちゃんは私見とれてたの?」

亜里沙「はい!?///」

真姫「さっき自分で言ってたじゃない」

亜里沙「そ、それは口が滑っただけで!」

真姫「つまり本心ってことでしょ?」

亜里沙「はう!?///」

真姫「・・・亜里沙ちゃんって分かりやすすぎるわね」

亜里沙「うぅ・・・よく言われます・・・」

真姫「まあそれが亜里沙ちゃんの良い所なんでしょうけど───ってもうこんな時間?」

真姫「そろそろ教室に戻るわ」

亜里沙「あっ、ちょっと待ってください!」

真姫「どうしたの?」

亜里沙「私、真姫さんに言いたいことがあるんです」

真姫「何かしら?」

亜里沙「私、真姫さんのことが大、大、大好きです!」

真姫「ありがとう亜里沙ちゃん、とても嬉しいわ」

亜里沙「じゃあ・・・!」

真姫「でもごめんなさい、私は亜里沙ちゃんとは付き合えない」

亜里沙「どうして・・・」

真姫「私ね、T大学の医学部に行くの」

真姫「大学に行ったら勉強ばっかりで恋愛する余裕が無いのよ」

亜里沙「そう・・・ですか・・・」

真姫「だからこれ、亜里沙ちゃんに預けるわ」

亜里沙「これって、真姫さんの作曲ノートですか?」

真姫「そうよ」

亜里沙「えっ!?でも大切なものなんじゃ?」

真姫「ええ、私の3年間の青春の全てが詰まったとても大切なもの」

亜里沙「じゃあ、なんで私に・・・?」

真姫「これが今の私に出来る亜里沙ちゃんへの返事よ」

亜里沙「え?」

真姫「もし、私が大学を卒業するまでに亜里沙ちゃんが他の人を好きになってしまったらそのノートは捨てて構わない」

真姫「でも、私が大学を卒業するまで持っててくれたらそのノートと、あなたの心を受け取りに行くわ」

亜里沙「真姫さん・・・」

凛「真姫ちゃんそれはちょっと寒くないかにゃー」

真姫「ヴぇぇぇぇ!?り、凛!?どうしてここに!?」

花陽「2人で真姫ちゃんを探してたんだけど・・・」

真姫「花陽まで!?というかいつからいたのよ!」

凛「真姫ちゃんがピアノを弾き終わった辺りからにゃ」

真姫「ほとんど最初からじゃない!」

花陽「あのー2人共、そろそろホームルームが・・・」

<キ-ンコ-ンカ-ンコ-ン

まきりんぱな「「「あっ・・・」」」

凛「にゃぁぁぁあああ!?2人共走るにゃ!」

真姫「ちょっと凛!引っ張らないで!」

花陽「タ゛レ゛カ゛タ゛ス゛ケ゛テ゛ェ~!!」

亜里沙「・・・行っちゃった」

亜里沙(6年、か・・・ちょっと寂しいけどがんばらなくっちゃ!)

雪穂「あーりーさー!!」ゴゴゴゴゴ

亜里沙「ユキホ!?えーと、どうしてそんなに怒ってるのかな・・・?」

雪穂「もう在校生全員集まってるんだけど」

亜里沙「」

雪穂「ついでにいなかったの亜里沙だけ」

亜里沙「ハラショー・・・」

雪穂「まったく・・・、早く行くよ!」

亜里沙「うん!」